代理出産

フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響について

フィンランドにおいては2007年代理出産を禁止する法律が制定された。その結果、代理出産でなければ児を出産することはできない女性は隣接するロシアで代理出産による児を出産しなければならないような状況に置かれているが、しかし、それを決断するためには経済的な問題やいろいろな問題が患者を苦しめることになっている。

O-166 What is it like to be a wombless woman in the age of ART’s? Patients’ perspectives on gestational surrogacy inFinland

K.Kivipuro1.

1University of Helsinki, Department of Social Research, Helsinki, Finland.

フィンランドにおける代理出産に関して患者はどのように感じているかという点について検討した。フィンランドにおいては毎年かなりの生殖年齢の女性が非意図的に子宮摘出を受けるか、また子宮を有していない状況にある。

今回、子宮を有しないフィンランドの女性がそのような状況にどのように対応しているのかという点について調査した。

子宮の存在しない女性とはどのような状況なのか、代理出産の禁止がどのような問題をもたらすのか、養子縁組ということがどのように規制されているのか、子宮移植が将来どのような意味をもつのかというような多様な問題に関して検討を重ねた。

意図しない子宮の摘出は婦人科癌、分娩の際の生命を脅かすような合併症、先天性奇形などの例が含まれる。非意図的に子宮を有しない女性の例は比較的稀であるが、それらの女性の生活に大きな影響をもたらすものである。

子宮が存在しないということは女性に大きな影響をもたらすばかりでなくそのパートナーや血縁者にも影響を及ぼすことになる。

2007年以来、ARTに関わる法律がフィンランドにおいて代理出産を禁止した。研究データに基づいて2017年に子宮を有しない女性を対象に半構造化インタビューを施行した。

代理出産の禁止が子宮を有しない女性の大部分に対して深い悲しみと怒りをもたらすことになっている。法規制によって他の地域で不妊治療を受けることを妨げることはできない。

フィンランドにおいては近接するロシアによって代理出産を試みフィンランドで児を出産することもある。法規制をどのようにして逃れるかというようなことに対して難しい状態に置かれている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. 食生活

    砂糖を添加した飲料水の消費が精液所見とどのような相関があるか調べた論文
  2. 子宮内膜症

    性交痛と抑うつ症状は子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関したが、男性パートナ…
  3. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベ…
  4. ART

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるか…
  5. 多胎妊娠

    医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
PAGE TOP