ART

35歳未満の女性におけるⅠ型糖尿病とAMHの関係性についての論文

35歳未満の女性において、I型糖尿病を有している場合には糖尿病を有していない女性と比較し、AMHレベルは有意に低下するという結果が得られています。このような差異の病因を決定するためには、さらに研究が必要です。
また、このような状況がI型糖尿病の女性における生殖に関わる異常に関わっているか否か、という点についてもさらに検討する必要があります。

Antimullerian hormone among women with and without type Ⅰdiabetes:the Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications Study and the Michigan Bone Health and Metabolism Study
Catherrine Kim,Carrie Karvonen-Gutierrez,Shengchun Kong,Valerie Arends,Michael Steffers,Daniel S.McConnel,John F.Randolph Jr.,Sioban D.Harlow
Fertil Steril.2016 Nov;106(6):1446-1452
【文献番号】r02200(低卵巣反応、卵巣予備能、加齢、予測因子、AMH)

Ⅰ型糖尿病の有無で、血中AMH濃度を比較した。30~45歳の女性で卵巣摘出、子宮摘出、自然閉経などの既往を認めない女性で、ミシガン州で行われた骨の代謝に関わる研究に参加した376名と、もう一つの疫学調査に参加した321名を対象とした。

線形混合回帰モデルを用いてAMHが糖尿病の有無で差異があるか否かという点について各種背景となる要因で補正し調べた。I型糖尿病の女性はAMH濃度が5.0ng/dl以上のものの割合は低かったが、35歳未満の女性において糖尿病の有無でAMHの中央値に差異は認められなかった。

背景となるいろいろな要因で補正し反復測定を試みたところ、log AMH濃度はⅠ型糖尿病を有する女性においては糖尿病を有しない女性と比較し有意に低い値を示し、β係数は-1.27という結果が得られた。

参考:Ⅰ型糖尿病
Ⅰ型糖尿病を有する女性においては生殖に関わる問題を有するものが多い。このような生殖に関わる異常にはPCOS、不整月経、不妊などが含まれる。AMHは二量体の糖蛋白で卵胞からのみ産生される。従来の横断面的研究ではAMH濃度はⅠ型糖尿病を有する女性において低下すると報告されている。

関連記事

  1. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  2. ART

    フィンランドの妊娠代理出産に関する患者の視点~ARTの時代に子宮のない女性はどうなるのか?

    フィンランドにおいては2007年代理出産を禁止する法律が制定された。そ…

  3. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

    卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の…

  4. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養…

  5. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について

    最初のメタアナリシスで凍結融解胚移植によって、着床率、妊娠率および継続…

  6. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットである…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 多胎妊娠

        医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
      2. ART

        35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文…
      3. 男性不妊

        microTESE時の精細管拡張と精子回収率について
      4. ライフスタイル

        親になることのタイミングに影響を与える因子について
      5. 食生活

        IVFにおいて、全粒穀物の摂取量と生児出産率に相関があることを示した論文
      PAGE TOP