ART

不妊の分野におけるロボット手術と従来の腹腔鏡検査について

ロボット補助腹腔鏡によって生殖に関わるいろいろな問題にメリットがあるのではないかと思われる。ロボット手術を用いることによって出血量の減少を図り入院日数を短縮させ回復期の短縮も期待される。

しかし、ロボット手術後の長期的な問題、例えば妊娠率、子宮破裂、癒着の形成などを含めた問題を長期的な無作為対照試験で確認してみる必要がある。

一般的腹腔鏡で操作が難しい場合、ロボット補助手術によって問題を乗り越えることができることがある。視野の確保の面から、また操作上の面からロボテック補助手術は有用と考えられている。その結果、複雑な操作も可能で学習曲線の短縮もはかることができる。

ロボット補助腹腔鏡は不妊に関わる複雑な手術の症例においても有用と思われる。子宮筋腫核出術、卵管再吻合術、深部浸潤性子宮内膜症に対する処置などにロボット補助腹腔鏡が好まれている。

このような操作を用いることによって出血量を減少させ手術後の疼痛を軽減し入院日数を短縮させ早期の回復も図ることができる。

このような方法に関する1つの問題はその費用である。

また、妊孕性に対する長期的な予後にどのような影響を与えるのか、妊娠率、子宮筋腫核出術後の子宮破裂のリスク、卵巣予備能に対する影響、癒着の形成などに関してもさらに追跡調査が必要である。ロボット手術後の長期的な予後に焦点を当てた無作為対照試験を実施しどのような患者がロボット手術でメリットが得られるか検討してみる必要がある。

Robotic surgery vs conventional laparoscopy in the field of infertility

F.Sendag1.

1Ege University, Obstetrics and Gynecology, Bornova – Izmir, Turkey.

関連記事

  1. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

    卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の…

  2. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  3. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養…

  4. ART

    トリガーの日における血中プロゲステロンレベルによる継続妊娠率の変化について

    トリガーの日における血中プロゲステロンレベルが 1.14ng/mL超の…

  5. ART

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べた論文

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣嚢腫を摘出したところ、血中AMHレベルは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①
      2. 子宮内膜症

        子宮内膜症を有している女性は、自然流産の発現頻度に優位な上昇が認められたことを示…
      3. ART

        子宮内膜症の女性のための異なるIVFプロトコルの効果:系統的レビュー
      4. 子宮内膜症

        チョコレート嚢胞の再発と卵巣癌の相関について
      5. 食生活

        IVFにおいて、全粒穀物の摂取量と生児出産率に相関があることを示した論文
      PAGE TOP