ライフスタイル

女性生殖器と金属の関係における考察の必要性について投げかけた論文

正常と判定された組織と比較し、子宮内膜癌、子宮内膜増殖症、子宮内膜上皮内病変などと診断された組織において、微量金属の蓄積が認められました。
女性の生殖器官における金属の存在とその役割、また、病態発生に関わる意義などについて考えてみる必要があります。

Metal accumulation in the human uterus varies by pathology and smoking status
Piotr Rzymski,Przemyslaw Niedzielski,Pawel Rzymski,Katarzyna Tomczyk,Lidia Kozak,Barbara Poniedzialek
Fertil Steril.2016 Jun;105(6):1511-1518.e3

子宮内膜組織、頚管内膜、子宮内膜ポリープおよび頚管内膜ポリープにおける Al、Cd、Cr、Cu、Mn、Ni、PbおよびZnの含有量と組織像、背景に関わる因子および生活習慣などとの関係について調査した。組織は掻爬によって採取し組織検査を行い、さらにマイクロウェーブを利用した発光分光分析法による検査を試みた。質問票を用いて背景となる要因および生活習慣に関わる要因を収集した。

子宮内膜採取群60名、頚管内膜採取群23名、子宮内膜ポリープ群16名、頚管ポリープ群10名を対象に調査を行った。子宮内膜の組織学的検査によって22名は正常、3名は不整子宮内膜、12名はポリープ様子宮内膜、10名は単純子宮内膜増殖症、5名は子宮筋腫、8名は癌と診断された。頚管内膜を調べた患者においては正常群が10名、炎症群が8名、不整群が2名、上皮内病変群が3名であった。

組織学的に正常と判定されたものと比較し、子宮内膜癌、子宮内膜増殖症、子宮内膜上皮内病変が認められたものではCdやPbなどの毒性を有する金属の含有量は上昇し、CuおよびMnの含有量にも変化が認められ、Cu/Zn比は上昇した。

現在あるいは過去の喫煙者では組織中のCdとPbのレベルの上昇が認められた。子宮内膜ポリープにはAl、Cd、NiおよびPbの有意な蓄積が、頚管ポリープにおいてはAl、CdおよびCuの有意な蓄積が認められた。

関連記事

  1. ライフスタイル

    生児出産率が高まる生活様式についての文献

    妊娠を考える男性は、オメガ-3脂肪酸や抗酸化剤の摂取が最も有効と考えら…

  2. 子宮内膜症

    チョコレート嚢胞の再発と卵巣癌の相関について

    卵巣癌はチョコレート嚢胞の摘出後に発現することがあり、再発性チョコレー…

  3. 子宮内膜症

    性交痛と抑うつ症状は子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関したが、男性パートナーにおける性機能には…

    子宮内膜症を有する女性は性交痛、性機能の低下、QOLの低下などに遭遇す…

  4. ライフスタイル

    環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威になる可能性を示した論文

    自然ガス、内分泌攪乱化学物質および大気汚染などを含む環境汚染物質がヒト…

  5. ライフスタイル

    親になることのタイミングに影響を与える因子について

    若い男性が家族形成の好ましいタイミングに影響を与える因子として社会的…

  6. セックスレス

    性交痛と抑うつ症状が子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関することを示した論文

    性交痛と抑うつ症状は子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関したが、男…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文
      2. 多胎妊娠

        医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
      3. ART

        フィンランドの妊娠代理出産に関する患者の視点~ARTの時代に子宮のない女性はどう…
      4. 不妊治療

        ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について③
      5. ART

        全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性
      PAGE TOP