未分類

IVFを受けた正常月経周期を有する女性の血中DHEAS上昇と流産の関係について

IVFを受けた正常月経周期を有する女性において血中DHEASの確かな上昇は着床の成功と着床の不成功/早期流産の早期の予測因子となるのではないかと思われる。

正常月経周期を有する非 PCOSの女性において IVFの際の着床障害や早期流産を予測する上で着床期のDHEASの意義に関して調査した。子宮内膜間質の脱落膜化は着床の成立に必須の条件である。

もし適切な状態でなければ着床障害や早期流産を引き起こすことになる。血中DHEAのレベルの上昇はPCOSの患者において着床障害の発現頻度の上昇をもたらす因子と考えられている。

対照的に、DHEAが低値を示す女性においては DHEAを補充することによって早期流産率を低下させると報告されている。

DHEASはDHEAよりもより安定した物質である。

今回、非PCOSの正常月経周期を有する85名の女性を対象に前方視的予備的研究を行った。いずれも2016~2017年にかけてアンタゴニストプロトコールを用いてIVFを行った。低卵巣反応、早発卵巣不全および高アンドロゲン症の患者は対象から除外した。

いずれも day5において選択的単一胚盤胞移植を試みた。血中 DHEASは基礎レベルと胚移植後 7日目および 14日目の時点で測定した。β-hCGは単一胚盤胞移植後 7日目の時点において測定した。着床率と生児出産率を主要評価項目とした。

生児出産群は33名、生化学的妊娠群は3名、早期流産群は2名、非着床群は47名という結果であった。

それぞれの割合は 38.82%、3.53%、2.35%、55.29%という結果であった。DHEASは基礎レベルから選択的単一胚盤胞移植後7日の時点および14日の時点において生児出産群において確実な上昇が認められそれぞれ 165、390.3および 737.9という結果が得られた。

また、この上昇傾向は早期流産群においても観察されそれぞれ68.5、247.5および255という結果が得られた。

しかし、生化学的妊娠群においてはこの上昇のパターンは認められずそれぞれ 211.7、120および 258.3という結果であった。非着床群においては day7において顕著な上昇が認められ day14においては低下しそれぞれの値は 201.1、1,321、791.7という値であった。

day7/基礎レベル DHEAS比に有意差が認められ生児出産群においては 2.59、生化学的妊娠群においては 0.61、早期流産群においては 3.61、非妊娠群においては9.65という結果が得られた。

同様に、day14/day7のDHEAS比はそれぞれ2.23、2.16、1.03、0.8と有意差が認められた。基礎レベルからday7へさらにday7からday14にかけてDHEASが2倍の上昇が認められた場合には着床が成立し生児出産に至る可能性が示唆された。

The oestro-androgen dehydroepiandrosterone sulphate (DHEAS) may be a critical intracrine regulator ofimplantation and early pregnancy in Eumenorrhic non-PCOS women undergoing

N.Chimote1, B. Chimote2.

1Vaunshdhara Clinic & Assisted Conception Centre, Embryology & Reproductive Endocrinology, Nagpur, India.

2Vaunshdhara Clinic and Assisted Conception Centre, Clinical Embryology- Reproductive Endocrinology, Nagpur, India.

関連記事

  1. 未分類

    胚の早期卵割異常と胞胚形成または着床率との間に関係はあるのか?~タイムラプスイメージング研究

    早期分割期胚で異常が認められた場合には胞胚腔形成率や着床率は低下するこ…

  2. 未分類

    自家幹細胞卵巣移植(ASCOT)により反応不良者(PR)の女性に5回の妊娠が成立

    自己の骨髄由来の幹細胞を卵巣内に注入することによって高齢の卵巣予備能…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 男性不妊

        禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文
      2. ART

        大規模な医療センターにおいて行われた経腟採卵に伴う合併症について調査
      3. 不妊治療

        ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について②
      4. ART

        IVFに対する子宮筋腫の影響:系統的レビューとメタ分析
      5. ART

        精子にHPVが認められた場合、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下…
      PAGE TOP