未分類

多嚢胞性卵巣症候群の受精能のない女性のためのアロマターゼ阻害剤(レトロゾール)-コクラン系統的レビュー

Aromatase inhibitors (letrozole) for subfertile women with polycystic ovary syndrome – A Cochrane Systematic Review

無排卵性 PCOSの不妊患者においてレトロゾールはクロミフェンと比較し生児出産率および妊娠率を向上させることができるという結果が得られた。

aromatase inhibitorであるレトロゾールは無排卵性PCOS不妊患者において排卵誘発においては他の薬剤より優れているか否か検討した。データベースから関連論文を抽出し fixed effect modelを用いていずれの排卵誘発法が良好な結果が得られOHSSのリスクを低下させることができるか検討した。

一次評価目標は生児出産率とOHSSの発現頻度とした。二次評価項目は妊娠率、流産率、多胎妊娠率とした。42件の無作為対照試験が抽出され対象となった女性は 7,935名であった。すべての研究においてaromatase inhibitorであるレトロゾールが使用されていた。13件の無作為対照試験においては生児出産率が報告されていた。

生児出産率はクロミフェンに比較しレトロゾール群において有意に高くそのオッズ比は1.68という結果であった。レトロゾールとクロミフェンを比較しOHSSの発現頻度にどのような差異が認められるかということに関する根拠は示されていなかった。

妊娠率は4,629名の女性を対象とした25件の無作為対照試験で報告されていた。妊娠率はレトロゾール群においてクロミフェン群よりも有意に高くそのオッズ比は1.56であった。流産率は3,754名の女性を対象に18件の研究で報告されていた。

レトロゾール群とクロミフェン群において差異を示す根拠は得られておらずそのオッズ比は0.94という結果であった。

多胎妊娠率は3,519名の女性を対象に16件の研究において報告されていた。レトロゾール群とクロミフェン群において多胎妊娠率に差が認められると結論付けるための十分な根拠は得られていなかった。

S. Franik1, S. Eltrop1, J. Kremer2, L. Kiesel1, C. Farquhar3.
1University hospital Muenster, Obstetrics and Gynaecology, Münster, Germany.
2Radboudumc, Obstetrics and Gynaecology, Nijmegen, The Netherlands.
3University of Auckland, Obstetrics and Gynaecology, Auckland, New Zealand.

関連記事

  1. 未分類

    自家幹細胞卵巣移植(ASCOT)により反応不良者(PR)の女性に5回の妊娠が成立

    自己の骨髄由来の幹細胞を卵巣内に注入することによって高齢の卵巣予備能…

  2. 未分類

    胚の早期卵割異常と胞胚形成または着床率との間に関係はあるのか?~タイムラプスイメージング研究

    早期分割期胚で異常が認められた場合には胞胚腔形成率や着床率は低下するこ…

  3. 未分類

    IVFを受けた正常月経周期を有する女性の血中DHEAS上昇と流産の関係について

    IVFを受けた正常月経周期を有する女性において血中DHEASの確かな上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 不妊治療

        ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について③
      2. 検査・診断

        血中DHEASは着床の成功と着床の不成功/早期流産の早期の予測因子になることを示…
      3. ART

        IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開…
      4. 不妊治療

        原因不明の不妊症に対する介入:系統的レビューとネットワークメタアナリシス
      5. ART

        全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点
      PAGE TOP