ART

  1. 刺激と培養によるエピジェネティックな変化について

    Epigenetic changes by stimulation and cultureARTにおいては培養環境や培養液の組成などがDNAの発現にエ…

  2. 大規模な医療センターにおいて行われた経腟採卵に伴う合併症について調査

    採卵に伴う合併症と有意な相関を示す因子は女性の年齢、BMI、採卵数、採卵時間、医師の経験およびリスク因子の有無などであった。経腟採卵に伴う合併症の発現頻度は 0…

  3. 形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率的

    40~ 43歳の高齢女性においては自己の卵子を用い形態的に胚の選択をした場合において IVFの周期当たりの分娩率は21%となり、至適レベルよりも低いものの排除さ…

  4. 体外受精後のOHSSによる入院

    体外受精後のOHSSによる入院は、改善が見込まれているにもかかわらず、過去15年間減少していません。デンマークの全国統計を調べたところ、160,803…

  5. IVF治療後の出産を予測するための機械学習モデルの比較:全国データベースからの463,669サイクル…

    人工頭脳を利用した生児出産の予測モデルを作成したところdeep neural networkを用いたモデルにおいてその他の機械学習モデルと比較し生児出産の予測の…

  6. IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

    AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者において卵丘-卵コンプレックスの数とMII期卵の数を高い精度で予測できるという結果が得られた。…

  7. 出生の累積確率を予測するための治療前カウンセリングツールについて

    卵巣予備能と年齢を用い生児出産の予測モデルを作成したところ、陽性予測値は80%、AUCは0.776という結果が得られた。1周期の卵巣刺激を試み全ての胚を移植…

  8. 卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文

    原因不明不妊カップルにおいて、卵巣刺激下のIUIを施行することによって待期療法を試みるよりも継続妊娠率の機会は上昇するが、特に自然妊娠の確率が低いと考えられる患…

  9. 不妊の分野におけるロボット手術と従来の腹腔鏡検査について

    ロボット補助腹腔鏡によって生殖に関わるいろいろな問題にメリットがあるのではないかと思われる。ロボット手術を用いることによって出血量の減少を図り入院日数を短縮させ…

  10. フィンランドの妊娠代理出産に関する患者の視点~ARTの時代に子宮のない女性はどうなるのか?

    フィンランドにおいては2007年代理出産を禁止する法律が制定された。その結果、代理出産でなければ児を出産することはできない女性は隣接するロシアで代理出産による児…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 未分類

        多嚢胞性卵巣症候群の受精能のない女性のためのアロマターゼ阻害剤(レトロゾール)-…
      2. ART

        卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文
      3. ART

        35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文…
      4. ART

        形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率…
      5. 多胎妊娠

        医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
      PAGE TOP