ART

  1. 卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文

    原因不明不妊カップルにおいて、卵巣刺激下のIUIを施行することによって待期療法を試みるよりも継続妊娠率の機会は上昇するが、特に自然妊娠の確率が低いと考えられる患…

  2. 不妊の分野におけるロボット手術と従来の腹腔鏡検査について

    ロボット補助腹腔鏡によって生殖に関わるいろいろな問題にメリットがあるのではないかと思われる。ロボット手術を用いることによって出血量の減少を図り入院日数を短縮させ…

  3. フィンランドの妊娠代理出産に関する患者の視点~ARTの時代に子宮のない女性はどうなるのか?

    フィンランドにおいては2007年代理出産を禁止する法律が制定された。その結果、代理出産でなければ児を出産することはできない女性は隣接するロシアで代理出産による児…

  4. 第1細胞質分裂後の割球の移動時間が新鮮胚移植後の臨床的妊娠率に影響を与えることについて示した論文

    最初の細胞質分裂後の割球運動の持続時間は、minimal stimulation programにおいて新鮮な卵割胚移植後の臨床妊娠の効果的な予測因子である。…

  5. IVFに対する子宮筋腫の影響:系統的レビューとメタ分析

    子宮腔に影響を与えない筋層内筋腫が存在している場合、漿膜下筋腫の有無にかかわらず生児出産率、臨床的妊娠率および流産率は低下するが、着床率には影響は与えないという…

  6. クロミフェンはIUIにおいて、最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認された論文

    クロミフェンと比較しFSHを用いてIUIを施行する場合、1例の継続妊娠を達成するためのさらなる費用は10,556.87ユーロ必要で、クロミフェンはIUIにおいて…

  7. IUIの緩慢注入法について

    35歳未満の女性においては、4時間にわたって子宮腔に低濃度の精子を注入する緩慢注入法は標準的なIUIよりも妊娠率は向上する。実際のIUIの方法に関してはごく…

  8. 2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った場合における受胎時の胎児数についての論文

    2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った例において周産期の臨床結果にネガティブな影響をみるリスクは受胎時の胎児数が主に関わっていると思われます。ARTで出産…

  9. Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ分析

    day5胚盤胞移植を試みることによってday6胚盤胞移植よりも新鮮胚移植および凍結胚移植のいずれにおいても高い臨床的妊娠率および高い生児出産率が得られた。…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. ライフスタイル

    親になることのタイミングに影響を与える因子について
  2. ライフスタイル

    女性生殖器と金属の関係における考察の必要性について投げかけた論文
  3. 未分類

    胚の早期卵割異常と胞胚形成または着床率との間に関係はあるのか?~タイムラプスイメ…
  4. 多胎妊娠

    医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
  5. 未分類

    IVF治療後の出産を予測するための機械学習モデルの比較:全国データベースからの4…
PAGE TOP