1. ART

    クロミフェンはIUIにおいて、最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認された論文

    クロミフェンと比較しFSHを用いてIUIを施行する場合、1例の継続妊娠を達成するためのさらなる費用は10,556.87ユーロ必要で、クロミフェンはIUIにおいて最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認されました。O-120 A cost-effectiveness analysis of ovarian stimulation with follicle stimul…

  2. ART

    IUIの緩慢注入法について

    35歳未満の女性においては、4時間にわたって子宮腔に低濃度の精子を注入する緩慢注入法は標準的なIUIよりも妊娠率は向上する。実際のIUIの方法に関してはごく…

  3. 不妊リスク

    子宮外妊娠における卵管切除術はその後の妊孕性にポジティブな影響はもたらさないという結果が得られた論文…

    ごくわずかな有益性は除外することはできないが、子宮外妊娠における卵管切除術はその後の妊孕性にポジティブな影響はもたらさないという結果が得られた。また、サブグルー…

  4. ART

    2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った場合における受胎時の胎児数についての論文

    2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った例において周産期の臨床結果にネガティブな影響をみるリスクは受胎時の胎児数が主に関わっていると思われます。ARTで出産…

  5. 代理出産

    フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響について

    フィンランドにおいては2007年代理出産を禁止する法律が制定された。その結果、代理出産でなければ児を出産することはできない女性は隣接するロシアで代理出産による児…

  6. 副作用

    ヒトの胎児の精巣や卵巣がアセトアミノフェンやイブプロフェンに被曝した場合について示した論文

    ヒトの胎児の精巣や卵巣がアセトアミノフェンやイブプロフェンに被曝した場合、胚細胞の数は28~49%の有意な減少が認められました。一方、齧歯類を用いた研究において…

  7. ART

    Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ分析

    day5胚盤胞移植を試みることによってday6胚盤胞移植よりも新鮮胚移植および凍結胚移植のいずれにおいても高い臨床的妊娠率および高い生児出産率が得られた。…

  8. 不妊治療

    女性癌患者への不妊治療オンラインカウンセリングの有用性について

    女性の癌患者において、オンラインによる意思決定の支援を提供することによって意思決定に関わる葛藤のレベルは単なるカウンセリングを提供した群と比べ有意に低下した。…

  9. 男性不妊

    microTESE時の精細管拡張と精子回収率について

    microTESEを行う際に精細管が拡張している場合には精子回収率は90%にも及んだが拡張した精細管が認められなかった場合には精子回収率は7%にとどまった。…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. ART

      IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文
    2. 着床障害

      反復着床障害の患者における血中の代謝産物のレベルについて検討した論文
    3. 妊娠の科学

      制御された精子DNA損傷の卵母細胞DNA修復能力は女性の年齢によって影響される
    4. ART

      ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について
    5. ART

      チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるか…
    PAGE TOP