ART

トリガーの日における血中プロゲステロンレベルによる継続妊娠率の変化について

トリガーの日における血中プロゲステロンレベルが 1.14ng/mL超の女性においては凍結融解胚移植を用いた方が新鮮胚移植を用いるよりも高い継続妊娠率が得られることが明らかとなった。
Progesterone levels but not endometrial thickness influence the effectiveness of freeze-only versus fresh embryotransfer: a prespecified subgroup analysis of a randomized clinical trial

プロゲステロンレベルや子宮内膜の厚さが凍結融解胚移植あるいは新鮮胚移植において高い継続妊娠率が得られるか否かを予測するマーカーとなるか否か検討した。

IVFによる治療の既往歴が1回以内の不妊患者を対象に無作為対照試験を行った。1群は凍結融解胚移植群391名、2群は新鮮胚移植群391名とした。

IVFはアンタゴニストプロトコールに従って調節卵巣刺激を試みた。プロゲステロンはトリガーの日に測定し、子宮内膜の厚さは採卵後3日目の時点で測定した。

血中プロゲステロンが第3四分位の1.14~1.53ng/mLである場合には継続妊娠率は凍結融解胚移植において新鮮胚移植よりも有意に高い値を示しそれぞれ 42.9%と 24.7%であった。

また、第 4四分位にある場合の継続妊娠率は凍結融解胚移植群においては 35.7%、新鮮胚移植群においては 26.9%と前者に高い傾向が認められたが統計的有意差を得るには至らなかった。

血中プロゲステロンレベルは第1四分位の 0.03~0.82ng/mLの場合においては凍結融解胚移植において継続妊娠率は低下する傾向が認められ、それぞれ33.3%と 46.6%であった。初回の胚移植後の継続妊娠率は子宮内膜の厚さのすべての四分位を通して新鮮胚移植と凍結融解胚移植で統計的差異は認められなかった。

子宮内膜の厚さが 10パーセンタイル未満の 10mm未満の女性においては凍結融解胚移植における継続妊娠率は 33.3%(10/30)で新鮮胚移植における 27.5%(11/40)を上回る傾向が認められ相対リスクは 1.21であったが統計的有意差を得るには至らなかった。

T. Vuong1, T. Pham2, V. Dang2, T. Ho2, V. Ho2, R. Norman3,4, B. Mol3,5.
1University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh City, Department of Obstetrics and Gynecology, Ho Chi Minh, Vietnam.
2My Duc Hospital, IVFMD Center, Ho Chi Minh City, Vietnam.
3Department of Medicine- University of Adelaide, The Robinson Research Institute, Adelaide, Australia.
4Fertility SA, Fertility SA, Adelaide, Australia.
5The South Australian Health and Medical Research Institute, The South Australian Health and Medical Research Institute,
Adelaide, Australia.

関連記事

  1. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  2. ART

    IVFに対する子宮筋腫の影響:系統的レビューとメタ分析

    子宮腔に影響を与えない筋層内筋腫が存在している場合、漿膜下筋腫の有無に…

  3. ART

    IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

    AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者におい…

  4. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

    IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼす…

  5. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットである…

  6. ART

    出生の累積確率を予測するための治療前カウンセリングツールについて

    卵巣予備能と年齢を用い生児出産の予測モデルを作成したところ、陽性予測値…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 男性不妊

        禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文
      2. ART

        2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った場合における受胎時の胎児数についての論文…
      3. 不妊治療

        ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について②
      4. 食生活

        原因不明不妊女性に対する抗酸化剤であるビタミンC、ビタミンE、βカロチン投与につ…
      5. ART

        胚の着床には子宮内膜と胚の同調が必要であることを示した論文
      PAGE TOP