ART

全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットであるが、その他のいくつかの因子もARTに全胚凍結戦略を導入する要因となっている。ARTの計画が柔軟に立てることが出来るようになり、IVF施設の対応にもメリットがあるという点を見過ごすことはできない。全胚凍結戦略がARTに新しい時代をもたらすのではないかとも考えられる。今後、デザインの良い研究で全胚凍結戦略の臨床的有用性を慎重に確認する必要がある。

A fresh look at the freeze-all protocol:a SWOT analysis
Christophe Blockeel,Panagiotis Drakopoulos,Samuel Santos-Ribeiro,Nikolaos P.Polyzos,and Herman Tournaye
Hum Reprod.2016 Mar;31(3):491-497
【文献番号】r05100 (胚凍結、胚盤胞凍結、vitrification、緩慢凍結)

全胚凍結戦略は広く行われるようになってきており、SWOT分析による評価も試みられている

GnRH antagonist protocolを用いて、GnRH agonistでトリガーし、vitrificationを利用した選択的全胚凍結を試み、その後の周期で凍結融解胚移植を行うという全胚凍結戦略は広く行われるようになってきている。しかし、このアプローチにも問題がある。SWOT分析(strengths、weaknesses、opportunities and threats analysis)によって、この戦略のいろいろな面に焦点をあてた分析も行われている。

GnRH antagonist protocolは主流となりつつあり、特に高卵巣反応の患者において有用である

GnRH antagonist protocolはIVFにおいては主流となりつつあり、特に高卵巣反応の患者において有用と考えられている。IVFにおいて最も重大な副作用である卵巣過剰刺激症候群(OHSS)に対しても有効な治療法となる。GnRH antagonistを用いることによってOHSSのリスクは有意に低下させることができることが確認されているが、さらに卵子の最終の成熟をもたらす上でGnRH agonistを用いることによってもOHSSのリスクは低下する。

GnRH agonistによるトリガーではLHの過剰な抑制によって黄体機能不全が引き起こされる

GnRH agonistによるトリガーはhCGトリガーと比較しても採卵にネガティブな影響を及ぼすことなく同様な成熟卵が得られ、また同様な胚発育が認められている。GnRH agonistによるトリガーを試みた場合、黄体機能不全が引き起こされることがあるが、おそらく下垂体のLHの放出に対する過剰なネガティブフィードバックがかかわっているものと思われる。

関連記事

  1. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

    IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクシ…

  2. ART

    大規模な医療センターにおいて行われた経腟採卵に伴う合併症について調査

    採卵に伴う合併症と有意な相関を示す因子は女性の年齢、BMI、採卵数、採…

  3. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  4. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について

    最初のメタアナリシスで凍結融解胚移植によって、着床率、妊娠率および継続…

  5. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開…
      2. 代理出産

        フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響につい…
      3. ライフスタイル

        親になることのタイミングに影響を与える因子について
      4. ART

        なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②
      5. 不妊治療

        WHOタイプIIの無排卵およびCC障害のある女性におけるクエン酸クロミフェンまた…
      PAGE TOP