ART

IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇しません。

Risk of miscarriage in women with endometriosis:insights from in vitro fertilization cycles

Marta Leonardi,Enrico Papaleo,Marco Reschini,Luca Pagliardini,Laura Benaglia,Giorgio Candotti,Paola Vigano,Lavinia Quaranta,Maria Munaretto,Massimo Candiani,Paolo Vercellini,Edgardo Somigliana
Fertil Steril.2016 Aug;106(2):386-392.e3

IVFで単体妊娠に至った子宮内膜症患者において流産のリスクが上昇するか否か検討した。IVFで単体妊娠に至った女性を対象にマッチト症例-コントロール研究を行った。症例群は子宮内膜症のために手術を受けた既往のある女性とし、IVFの時点で卵巣性チョコレート嚢胞を認めた313名とした。コントロール群は症例群と年齢、治療周期のタイプ(新鮮胚移植周期あるいは凍結融解胚移植周期)および研究期間を一致させた子宮内膜症を伴わない313名とした。

評価項目は妊娠12週未満の流産率とした。子宮内膜症の有無別にみた流産の数に差異は認められず、それぞれ48例(15%)と60例(19%)であった。症例群における流産のオッズ比は0.76であった。BMI、既往分娩回数、不妊期間および男性不妊などの要因で補正し得られたオッズ比は0.81であったが、いずれも統計的有意差を得るには至らなかった。

治療周期のタイプ、移植胚数、チョコレート嚢胞の有無、子宮内膜症に対する手術の既往歴などによってサブグループに分け分析したところ、いずれのサブグループにおいても流産のリスクの有意な上昇は認められなかった。

関連記事

  1. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養…

  2. ART

    IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文

    IVF/ICSIにおいて、累積生児出産率は採卵数と比例し上昇するという…

  3. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  4. ART

    胚の着床には子宮内膜と胚の同調が必要であることを示した論文

    生存能力の高い胚であっても受容能のない子宮内膜に移植された場合には不成…

  5. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

    IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼす…

  6. ART

    世界におけるARTの実施状態とその結果について調査した論文

    世界的にみてARTの実施状況を調べたところ、その利用頻度と有用性は国に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        IVF治療後の出産を予測するための機械学習モデルの比較:全国データベースからの4…
      2. ART

        不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LAN…
      3. 未分類

        多嚢胞性卵巣症候群の受精能のない女性のためのアロマターゼ阻害剤(レトロゾール)-…
      4. ART

        全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点
      5. 食生活

        原因不明不妊女性に対する抗酸化剤であるビタミンC、ビタミンE、βカロチン投与につ…
      PAGE TOP