ART

同一月経周期に2回刺激採卵する方法が、低反応性の不妊症患者でも有効である可能性を示した論文について

ARTで同一月経周期に2回刺激採卵する方法(Duo Stim)は、担がん患者になど急を要する採卵で採卵数をなるべく増やしたいときに使われている方法ですが、低反応性の不妊症患者でも有効である可能性があります。
今回の研究で同一周期に2度刺激採卵した場合、累積で約7割の周期で正倍数性の胚が得られる結果となりました。このことは低反応性の不妊女性にDuo Stimは有効な治療法となる可能性があることを示唆しています。

卵巣予備能が低下した女性において同一の周期における卵胞期と黄体期から調節卵巣刺激を開始したとしても同様な数の胚盤胞が得られた。黄体期に刺激を試みることによって移植可能な胚盤胞を得ることができる確率が高まり、結果として月経周期あたりの胚移植を受けることができる患者の数を増加させることができる。

Follicular versus luteal phase ovarian stimulation during the same menstrual cycle (Duo Stim) in a reduces ovarian reserve population results in a similar euploid blastocyst formation rare:new insight in ovarian reserve exploitation
Filippo Maria Ubaldi,Antonio Capalbo,Alberto Vaiarelli,Danilo Cimadomo,Silvia Colamaria,Carlo Alviggi,Elisabetta Trabucco,Roberta Venturella,Gabor Vajta,Laura Rienzi
Fertil Steril.2016Jun;105(6):1488-1495.el

卵巣の反応性が低下した女性においてPGDを行う際に同一の周期において卵胞期と黄体期で調節卵巣刺激を試み、正倍数性の胚盤胞の発現率を比較した。卵巣予備能の低下した43名の患者を対象に前方視的非劣性観察研究を行った。
調節卵巣刺激はday2および初回の採卵後5日目から開始し、GnRH antagonist protocolに従いFSHおよびLHによる卵巣刺激を試みた。いずれの群においてもGnRH agonistがトリガーに用いられた。栄養外肺葉を採取してPCRを利用したPGDを試みた。その後の自然周期において単一の正倍数性の胚盤胞の移植を試みた。

一次評価項目はMII期卵あたりの正倍数性の胚盤胞形成率とした。二次評価項目は卵丘-卵コンプレックスの数、MII期卵および胚盤胞の数とした。AMHレベルは1.5ng/ml未満で、胞状卵胞数は6個未満、以前の治療周期において採卵数は5個未満であった。

それぞれの群において採卵数は5.1個と5.7個、MII期卵は3.4個と4.1個、刺激周期あたりのバイオプシーを試みた胚盤胞の数は1.2個と1.4個でいずれも統計的差異は認められなかった。バイオプシーを試みた胚盤胞あたりの正倍数性の胚の発現率はそれぞれ46.9%と44.8%、ICSIを試みたMII期卵あたりの正倍数性の胚盤胞の割合はそれぞれ16.2%と15.0%で2群間で差異は認められなかった。

関連記事

  1. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  2. ART

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べた論文

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣嚢腫を摘出したところ、血中AMHレベルは…

  3. ART

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることを示した論文

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることが確認されまし…

  4. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットである…

  5. ART

    不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LANCET)

    自然に妊娠することが困難であるために医療補助生殖(MAR)を検討してい…

  6. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

    IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. 食生活

      原因不明不妊女性に対する抗酸化剤であるビタミンC、ビタミンE、βカロチン投与につ…
    2. ART

      Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ…
    3. ART

      ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について
    4. ART

      35歳未満の女性におけるⅠ型糖尿病とAMHの関係性についての論文
    5. ART

      世界におけるARTの実施状態とその結果について調査した論文
    PAGE TOP