ART

全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の問題に対処することができる

しかし、卵子や胚のvitrificationを試みることによってこの問題に対処することができる。それがantagonist protocolを実施し、その後全胚凍結を試み、後の周期で凍結融解胚移植を試みるきっかけとなった。これによって累積生児出産率を高めることができ、特にOHSSのリスクを回避することもできる。このようなアプローチがいわゆる全胚凍結戦略を生み出すことになった。

 

今や胚凍結はIVFの重要な部分を占め、新鮮胚移植の予備的な治療法とはみなされなくなった

全胚凍結戦略とは、調節卵巣刺激にはGnRH antagonist protocolを試み、トリガーにはGnRH agonistを使用し、vitrificationを利用した全胚凍結を試み、その後に自然周期あるいは人工的周期において胚移植をするものである。今や胚凍結はIVFの重要な部分を占め、新鮮胚移植の予備的な治療法とはみなされなくなった。胚を凍結し、後の周期に胚移植を行うという最も一般的な理由はOHSSの回避、PGSにおけるメリット、胚と子宮内膜との同調を促す、などが挙げられる。このような方法が生理的な環境を生み出し妊娠率を高めるだけでなく、母児の合併症を低下させることにもつながる。

全胚凍結戦略の有用性を検討するためにはSWOT分析による適正な評価が必要である

しかし、このような対応に問題がないわけではない。全胚凍結を一律に行うことと、OHSSを回避するためのGnRH agonist triggerとは分けて考える必要がある。全胚凍結戦略を用いることが生児出産率を上昇させるという確かな根拠が、適切な臨床試験で示されていない。経済的な側面、患者やIVF施設における利便性などを含め、いろいろ考えてみる必要がある。そのような有用性を検討するためにはSWOT分析が必要である。不妊患者にとって治療の最終目的は正期産における単胎生児出産率を高めることである。

 

初期の無作為対照試験でGnRH agonist トリガーに伴って継続妊娠率が有意に低下したと報告された

今日、IVFで最も問題となっている副作用はOHSSであるが、GnRH antagonist protocolが導入されて以来、GnRH agonistによるトリガーが可能となった。初期の無作為対照試験においてGnRH agonist トリガーに伴って継続妊娠率が有意に低下したと報告された。黄体機能不全がそのような不良な結果にかかわっているのではないかとも指摘された。

関連記事

  1. ART

    大規模な医療センターにおいて行われた経腟採卵に伴う合併症について調査

    採卵に伴う合併症と有意な相関を示す因子は女性の年齢、BMI、採卵数、採…

  2. ART

    出生の累積確率を予測するための治療前カウンセリングツールについて

    卵巣予備能と年齢を用い生児出産の予測モデルを作成したところ、陽性予測値…

  3. ART

    Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ分析

    day5胚盤胞移植を試みることによってday6胚盤胞移植よりも新鮮胚…

  4. ART

    卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文

    原因不明不妊カップルにおいて、卵巣刺激下のIUIを施行することによって…

  5. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

    IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        同一月経周期に2回刺激採卵する方法が、低反応性の不妊症患者でも有効である可能性を…
      2. 食生活

        原因不明不妊女性に対する抗酸化剤であるビタミンC、ビタミンE、βカロチン投与につ…
      3. 男性不妊

        男性因子不妊症における酸化還元電位の予測可能性を精液分析と組み合わせて評価する:…
      4. ART

        35歳未満の女性におけるⅠ型糖尿病とAMHの関係性についての論文
      5. ART

        刺激と培養によるエピジェネティックな変化について
      PAGE TOP