男性不妊

男性因子不妊症における酸化還元電位の予測可能性を精液分析と組み合わせて評価する:多施設共同研究

1,644件の精液の検体を分析したところ、酸化還元電位の測定によって不妊検査を受けた患者において異常精液所見を示すものと正常精液所見を示すものとを鑑別する際に最も高い予測能が得られた。

フリーラジカル、抗酸化能および酸化的損傷を別々に測定することによって redox systemと男性不妊との間には確かな相互関係があるという結果は得られていない。酸化還元電位はすべての酸化物質とすべての抗酸化物質のバランスを測定するものでレドックスシステムの総合的な状態を知ることができる。

従来の研究では酸化還元電位は酸化ストレスを測定する代替となる方法として MiOXSYS システムを用い酸化還元電位を精液検体を用いて測定することによって正常なコントロールと男性因子による不妊とを鑑別することができるのではないかという結果が得られている。

酸化還元電位のレベルはレドックスシステムと男性不妊が関わる精液のパラメーターとの間の関係を明らかにするために用いることができるのではないかとも考えられている。

今回、WHOの基準からして正常範囲にある精液検体と各不妊センターにおいて WHOの基準に合致しないものを予測できるか否かという点について検討した。9か所の不妊センターが参加し1,644名を対象に前方視的研究を行った。

研究は倫理委員会の承認を得て対象となった患者からは同意を得た。参加者をWHO2010のガイドラインに従って精子濃度、総精子数、総運動率、前進運動率および精子形態の全てのパラメーターで正常とするものと、1つ以上の精液所見がガイドラインの正常値を満たさないものに分けた。

無精子症、STD、慢性疾患、処方薬、抗酸化剤を用いている患者は除外した。

精液を採取しWHO2010のガイドラインに従って分析した。酸化還元電位はMiOXSYS システムを用いて測定した。また、酸化還元電位は精子濃度が100万/mL当たりのmVで示した。精子濃度が100万/mL以上のものを分析の対象とした。

酸化還元電位テストと精液の分析を併用することによって異常精液所見であるものの検知するレベルは上昇し感度 98.1%、特異度 40.6%、陽性予測値 94.7%、陰性予測値 66.6%という結果が得られた。

酸化還元電位は異常あるいは正常と判定される精液の質を区分するうえで斬新な、また統計的に有意な価値がある方法であると判定された。

精液の分析に関わる6つのパラメーターと酸化還元電位を含めたすべての方法においてロジステック回帰分析を試みたところ検体の中で異常あるいは正常の精液の質と判定されるグループを識別する能力は高いと判定された。

116各種測定法の精度をカテゴリー化し調べたところ、酸化還元電位は異常あるいは正常と判定される精子の質の鑑別において最も高い相関を示しその β 値は 2.88、次いで前進運動精子率の β 値は 2.29と有意な相関が認められ、次いで全運動精子数のβ値は0.494で統計的に有意な相関が認められた。

酸化還元電位と精液検査を併用することによって精液の質の良否を高い精度で診断することができ感度は98.1、特異度は40.6、陽性予測値は93.3および陰性予測値は66.7という結果であった。

Evaluating the predictability of oxidation–reduction potential in male factor infertility in conjunction with semenanalysis: A multicenter study.
A.Agarwal1, H. Elbardisi2, M. Arafa2, H. Okada3, K. Suzuki3, S. Homa4, A. Kileen5, B. Balaban6, A. Ayaz7, R. Saleh8, A.
Armagan9, C. Dorsey10, S. Roychoudhury11, S. Sikka7.
1American Center for Reproductive Medicine- Cleveland Clinic, Urology, Cleveland, U.S.A..
2Hamad Medical Corporation, Urology, Doha, Qatar.
3Dokkyo Medical University, Urology, Koshigaya, Japan.
4University of Kent, Andrology, London, United Kingdom.
5The Doctors Laboratory, Andrology, London, United Kingdom.
6American Hospital of Istanbul, Assisted Reproductive Medicine Unit, Istanbul, Turkey.
7Tulane University, Urology, New Orleans, U.S.A..
8Sohag University, Urology, Sohag, Egypt.
9Bezmialem Vakif University, Urology, Istanbul, Turkey.
10Aytu Bioscience, Medical Diagnostics, Englewood, U.S.A..
11Assam University, Life Science and Bioinformatics, Silchar, India.

関連記事

  1. 妊娠の科学

    男性の加齢が雄性の胚細胞にどのような影響を及ぼすか?

    女性の加齢が生殖機能に影響を与えることはよく知られているが、男性の加齢…

  2. 男性不妊

    microTESE時の精細管拡張と精子回収率について

    microTESEを行う際に精細管が拡張している場合には精子回収率は…

  3. 男性不妊

    過体重や肥満男性は、精液量や精液濃度、総精子数において少ない傾向があることを示した論文

    過体重や肥満男性は、そうでない男性と比較して精液量、精液濃度、総精子数…

  4. 男性不妊

    禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文

    確かに、禁欲期間が短い方が精液量や精液濃度、総精子数は低くなります。し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 子宮内膜症

        チョコレート嚢胞の再発と卵巣癌の相関について
      2. 食生活

        砂糖を添加した飲料水の消費が精液所見とどのような相関があるか調べた論文
      3. ART

        チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるか…
      4. ART

        IVFまたはICSIを受けた卵管留水腫を有する女性における妊娠継続率について、子…
      5. 不妊リスク

        子宮外妊娠のオッズはたとえ非良好胚であっても2個の胚移植を試みることによって上昇…
      PAGE TOP