ART

IVFまたはICSIを受けた卵管留水腫を有する女性における妊娠継続率について、子宮鏡下卵管閉鎖術と腹腔鏡下卵管切除術を比較した論文

IVF/ICSIを受けた卵管留水腫を有する女性において、子宮鏡下卵管閉鎖術は腹腔鏡下卵管切除術よりも継続妊娠率という点から劣っているという結果が得られました。

Hysteroscopic proximal tubal occlusion versus Iaparoscopic salpingectomy as a treatment for hydrosalpinges prior IVF or ICSI:an RCT
K.Dreyer,M.C.I.Lier,M.H.Emanuel,J.W.R.Twisk,B.W.J.Mol,R.Schats,P.G.A.Hompes,and V.Mijatovic
Hum Reprod.2016 Sep;31(9):2005-2016

IVFを受けた卵管留水腫を有する女性は、それ以外の卵管性不妊の女性と比較し妊娠の結果が不良となることが知られている。このような女性において腹腔鏡下卵管切除術や腹腔鏡下卵管起始部結紮術がIVFの結果の改善をもたらすと報告されている。

現在のところ、低侵襲性子宮鏡下卵管起始部閉鎖術で、腹腔鏡下卵管切除術と同様な継続妊娠率が得られるか否かということに関してはよくわかっていない。そこで、卵管留水腫を有する患者に卵管内避妊装置であるessureを利用した子宮鏡下卵管起始部閉鎖術を試みた群と腹腔鏡下卵管切除術を試みた群でIVF/ICSI後の継続妊娠率を、2か所の医療センターで無作為対照非劣性試験を試み比較した。

2009~2014年において85名の女性を対象に調査を行った。42名が子宮鏡下卵管起始部閉鎖術群、43名を腹腔鏡下卵管切除術群とした。一次評価項目は妊娠10週超で胎児心拍が認められた継続妊娠率とした。これらの症例には新鮮胚移植および凍結融解胚移植を試みた。対象は18~41歳で、一側あるいは両側に卵管留水腫を認めたものとした。

患者あたりの継続妊娠率をITT分析で調べたところ、子宮鏡下卵管起始部閉鎖術群では11/42(26.2%)、腹腔鏡下卵管切除術群では23/43(55.8%)絶対差は26.1%、相対リスクは0.56という結果で、腹腔鏡下卵管切除術群のほうが優れた結果が得られた。

プロトコールあたりの分析による患者あたりの継続妊娠率は子宮鏡下卵管起始部閉鎖術群においては33.3%(9/27)、腹腔鏡下卵管切除術群においては59.4%(19/32)という結果で、その絶対差異は29.6%、相対リスクは0.47という結果であった。

関連記事

  1. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  2. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点

    全胚凍結にはいろいろなメリットがあり、調節卵巣刺激の開始時期を厳密に調…

  3. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養…

  4. ART

    世界におけるARTの実施状態とその結果について調査した論文

    世界的にみてARTの実施状況を調べたところ、その利用頻度と有用性は国に…

  5. ART

    IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

    AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者におい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 不妊リスク

        子宮内膜症の思春期の少女へのサプリメント投与:二重盲検、無作為化、プラセボ対照試…
      2. 妊娠の科学

        制御された精子DNA損傷の卵母細胞DNA修復能力は女性の年齢によって影響される
      3. ライフスタイル

        親になることのタイミングに影響を与える因子について
      4. 男性不妊

        禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文
      5. ART

        Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ…
      PAGE TOP