ART

予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を用いた予測モデルによって高い精度で識別できるという結果が得られました。

Prediction model for obtaining spermatozoa with testicular sperm extraction in men with non-obstructive azoospermia

M.Cissen,A.M.Meijerink,K.W.D‘Hauwerd,A.Meissner,N van der Weide,M.H.Mochtar,A.A.de Melker,L.Ramos,S.Repping,D.D.M.Braat,K.Fieischer,and M.van Wely

Hum Reprod.2016 Sep;31(9):1934-1941

【文献番号】r03200 (TESE、MESA、PESA、精巣精子)

TESEを用いてICSIを施行することによって、非閉塞性無精子症の患者において約半数が精巣精子を採取することができる。TESEによって精子を得ることができる確率を予測するために、いくつかのモデルが開発されているが、それらは比較的少数のデータに基づいたものであり、外部評価は試みられていない。

そこで、大規模な全国的な非閉塞性無精子患者のコホートを対象に、TESEによって精子の回収の有無を予測するための生物学的要因に基づいた外部評価モデルを作成しその有用性を検討するために、後方視的全国規模のコホート研究を実施した。

2007年~2015年にわたって、1,371件のTESEのデータを2か所の不妊センターにおいて収集した。初めてTESEを受けた非閉塞性無精子患者すべてを対象とした。

一時評価項目は運動率にかかわらず精巣生検によって少なくとも1つ以上の精子の回収とした。単変量および多変量ロジスティック回帰分析を用いて、一方の医療センターのデータをもとに精子回収に成功するか否かのモデルを作成した。また、このモデルを用いてもう1つの医療センターのデータを用いてその有用性を検討し、ROCカーブを用いてAUCを算出した。

初回のTESEで精子の回収に成功したものは599例(43.7%)であった。

多変量ロジスティック回帰モデルを用いて分析し予測モデルを作成したところ、男性の年齢の上昇、血中テストステロンレベルの上昇、FSH、LHレベルの低下は精子回収の予測因子となるという結果が得られた。突発性非閉塞性無精子の診断やAZFcの存在は精子回収が不成功となる予測因子となるという結果が得られた。

ROCカーブにおけるAUCは0.69であった。観察値の平均値と予測値の平均値の差異は全ての群において2.0%未満に留まり、良好な検量線が得られた。

予測モデルの評価を試みたところ、中等度の識別能を有しAUCは0.65であった。また、中等度の検量線が得られ、予測能は平均観察値の9.2%を超えることはなかった。

関連記事

  1. ART

    トリガーの日における血中プロゲステロンレベルによる継続妊娠率の変化について

    トリガーの日における血中プロゲステロンレベルが 1.14ng/mL超の…

  2. ART

    形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率的

    40~ 43歳の高齢女性においては自己の卵子を用い形態的に胚の選択をし…

  3. ART

    体外受精後のOHSSによる入院

    体外受精後のOHSSによる入院は、改善が見込まれているにもかかわらず…

  4. ART

    IVF治療後の出産を予測するための機械学習モデルの比較:全国データベースからの463,669サイクル…

    人工頭脳を利用した生児出産の予測モデルを作成したところdeep neu…

  5. ART

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇し…

  6. ART

    IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

    AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者におい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文
      2. ART

        IUIの緩慢注入法について
      3. 男性不妊

        過体重や肥満男性は、精液量や精液濃度、総精子数において少ない傾向があることを示し…
      4. 不妊治療

        女性癌患者への不妊治療オンラインカウンセリングの有用性について
      5. ART

        全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性
      PAGE TOP