不妊治療

  1. 女性癌患者への不妊治療オンラインカウンセリングの有用性について

    女性の癌患者において、オンラインによる意思決定の支援を提供することによって意思決定に関わる葛藤のレベルは単なるカウンセリングを提供した群と比べ有意に低下した。…

  2. 原因不明の不妊症に対する介入:系統的レビューとネットワークメタアナリシス

    IVFと卵巣刺激下のIUIは最も有用性が高かった。安全性は低いという結果が得られた。一方、待期療法とIUIは最も有用性が低いが安全性は最も高いという結果が得ら…

  3. ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について④

    POIと診断された女性における泌尿生殖系の問題に対しどのような治療法があるか泌尿生殖系の症状が認められた場合には、エストロゲンの局所療法が有効である。POI…

  4. ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について③

    妊孕性に関わるPOIの問題点は何かPOIと診断された女性には、自然妊娠の可能性は極めて少ないことを話しておく必要がある。また、POIの女性が妊娠を回避したい…

  5. ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について②

    <中心的な質問と勧告>本疾患を何と呼ぶのか1942年に初めて原発性卵巣不全(primary ovarian insufficiency)について報告され…

  6. ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について①

    ESHREガイドライン作成グループは、POIの診断と治療に関する31の中心的疑問に答えるために99の勧告を作成した。ESHRE Guideline:ma…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②
  2. 代理出産

    フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響につい…
  3. 子宮内膜症

    チョコレート嚢胞の再発と卵巣癌の相関について
  4. 不妊リスク

    子宮内膜症の思春期の少女へのサプリメント投与:二重盲検、無作為化、プラセボ対照試…
  5. ART

    同一月経周期に2回刺激採卵する方法が、低反応性の不妊症患者でも有効である可能性を…
PAGE TOP