ART

精子にHPVが認められた場合、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下し、流産率は上昇するという結果が得られた論文

精子にhuman papillomavirus(HPV)が認められた例においては、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下し、流産率は上昇するという結果が得られました。精子における感染が妊孕性を低下させる確かなメカニズムは明らかではなく、さらに検討してみる必要があります。

もし、さらに検討を進めこのような結果が確認された場合には、不妊カップルにおける臨床的および診断的アプローチに変化をもたらすのではないかと思われます。

Spontaneous fertility and in vitro fertilization outcome:new evidence of human papillomavirus sperm infection
Andrea Garolla,Bruno Engl,Damiano Pizzol,Marco Ghezzi,Alessandro Bertoldo,Alberto Bottacin,Marco Noventa,Carlo Foresta
Fertil Steril.2016 Jan;105(1):65-72el

精液におけるHPVの感染の有無でARTを受けた不妊カップルの臨床結果にどのような差異がみとめられるか検討した。226名の不妊カップルを対象に横断面的研究を行った。FISHを用いて精子におけるHPV感染の有無を調べた。女性パートナーにはIUIあるいはICSIを試みた。

54名(23.9%)の男性パートナーにおいて、HPV感染が確認された。HPVは精子あるいは剥離細胞あるいはいずれの細胞にも認められた。非感染カップルにおいては自然妊娠が認められた。IUIとICSIを非感染群においてはそれぞれの60周期と98周期、感染群にはそれぞれ21周期と33周期に行った。

累積妊娠率は非感染者群では38.4%、感染者群では14.2%という結果が得られた。流産率は感染者群では62.5%と非感染者群における16.7%を有意に上回った。感染者群において継続妊娠に至ったものは、HPV感染が剥離細胞に限局していた。

関連記事

  1. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

    IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクシ…

  2. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  3. ART

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇し…

  4. ART

    体外受精後のOHSSによる入院

    体外受精後のOHSSによる入院は、改善が見込まれているにもかかわらず…

  5. ART

    IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文

    IVF/ICSIにおいて、累積生児出産率は採卵数と比例し上昇するという…

  6. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットである…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性
      2. ART

        IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開…
      3. 不妊治療

        ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について③
      4. ART

        男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることを示した論文
      5. ART

        IUIの緩慢注入法について
      PAGE TOP