ART

世界におけるARTの実施状態とその結果について調査した論文

世界的にみてARTの実施状況を調べたところ、その利用頻度と有用性は国によって大きな差はあるものの比較的一定しているという結果が得られました。単一胚移植および凍結融解胚移植の割合は上昇してきており、それに伴って多胎分娩の割合はわずかながら低下しました。

International Committee for Monitoring Assisted Reproductive Technologies world report:Assisted Reproductive Technology 2008,2009 and 2010
S.dyer.G.M.Chambers,J.deMouzon,K.G.Nygren,F.Zegers-Hochschild,R.Mansour,O.
Ishihara,M.Banker,and G.D.Adamson
Hum Reprod.2016 Jul;31(7):1588-1609

ARTは世界各地で広く行われている。ARTの利用状況のモニタリング、利用率、アクセスの状態、有用性、安全性などは重要な因子である。

今回、2008年、2009年および2010年における世界のARTの実施状態とその結果について調査した。毎年2,500のARTクリニックからデータの抽出を求めた。対象とした国は58~61か国であった。国際ARTモニタリング委員会の開発した方法によってデータを分析し、結果を国別、地域別および全体を含めたデータとして提示した。

2008,2009および2010年において4,461,309周期超のARTが開始され、その結果、1,114,858名の児が誕生したと推定された。2008~2010年において採卵数は4.6%上昇し、凍結融解胚移植周期は27.6%の上昇をみた。

世界的にみて、ARTの利用状況は比較的安定しており、2008年には人口100万人当たり436周期、2010年には人口100万人当たり474周期であった。しかし、この値は国によって大きな差異が認められ、100万人当たり8周期から4,775周期にわたっていた。

自己の卵子を用いた治療周期においてICSIが行われる割合はほぼ安定しており66%前後であった。IVF/ICSIによる新鮮胚移植による採卵当たりの分娩率は2008年には19.8%、2009年には19.7%、2010年には20.0%という結果が得られた。

凍結融解胚による分娩率はそれぞれ18.8%、19.7%、20.7%という結果であった。自己の卵子を用いた新鮮治療周期において単一胚移植は2008年には25.7%、2010年には30.0%と上昇が認められた。

移植胚数は地域によりばらつきがあるが、平均2.1個から1.9個へと減少した。自己の新鮮胚移植による双胎分娩率は2008年には21.8%、2009年には20.5%、2010年には20.4%、3胎分娩率はそれぞれ1.3%、1.0%、1.1%という結果であった。

新鮮IVF/ICSIにおいて周産期死亡率は分娩1,000当たり2008年には22.8、2009年には19.2、2010年には21.0という結果で、凍結融解胚移植においてはそれぞれ15.1、12.8および14.6という結果であった。自己の卵子を用いたARTを試みた40歳以上の女性の割合は2008年には20.8%であったが、2010年には23.2%へと上昇が認められた。

関連記事

  1. ART

    形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率的

    40~ 43歳の高齢女性においては自己の卵子を用い形態的に胚の選択をし…

  2. ART

    35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文

    IVFを受けた女性を対象とし調査した結果、35歳以上の女性では乳製品摂…

  3. ART

    IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文

    IVF/ICSIにおいて、累積生児出産率は採卵数と比例し上昇するという…

  4. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

    IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼす…

  5. ART

    卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文

    原因不明不妊カップルにおいて、卵巣刺激下のIUIを施行することによって…

  6. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

    卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 食生活

        IVFにおいて、全粒穀物の摂取量と生児出産率に相関があることを示した論文
      2. 副作用

        ヒトの胎児の精巣や卵巣がアセトアミノフェンやイブプロフェンに被曝した場合について…
      3. 未分類

        多嚢胞性卵巣症候群の受精能のない女性のためのアロマターゼ阻害剤(レトロゾール)-…
      4. ART

        全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について
      5. 不妊治療

        ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について①
      PAGE TOP