ART

子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いということを示した論文

子宮内膜症の手術を受けARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率は高く78%という結果が得られ、自然妊娠は54%を占めました。2回目の自然妊娠の予測因子として、endometriosis ferttility indexが有用という結果が得られましたが、今回の結果はさらに大規模な前方視的研究によって確認する必要があります。

Second live after undergoing assisted reproductive technology in women operated on for endometriosis
Jeremy Boujenah,Jean-Noel Hugues,Christophe Sifer,Isabelle Cedrin-Durnerin,Alexandre Bricou,Christophe Poncelet
Fertil Steril.2016 Jan;105(1):129-133

ARTによって1児をもうけた後、2度目の生児出産に至る予後の予測因子を調べた。
腹腔鏡下手術を受け、ARTによって1児をもうけた164名の不妊患者の中で2人目の児を望んだ65名の不妊患者を対象に、2004~2014年にかけて視察研究を行った。least function score と endometriosis ferttility index別に自然妊娠率を調べた。

コホート内の27名(41.5%)が自然妊娠で第2子をもうけた。一方、23名(35.3%)は2人目の生児出産を得るためにはARTが必要であった。
least function score と endometriosis ferttility indexを除き、これら2群間で年齢、子宮内膜症の進行期、子宮内膜症病変の完全な切除および骨盤内の癒着などに統計的差異は認められなかった。
妊娠の成立の方法を問わなければ78%の患者が第2子をもうけており、その期間の中央値は17か月であった。

関連記事

  1. ART

    胚の着床には子宮内膜と胚の同調が必要であることを示した論文

    生存能力の高い胚であっても受容能のない子宮内膜に移植された場合には不成…

  2. ART

    体外受精後のOHSSによる入院

    体外受精後のOHSSによる入院は、改善が見込まれているにもかかわらず…

  3. ART

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇し…

  4. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点

    全胚凍結にはいろいろなメリットがあり、調節卵巣刺激の開始時期を厳密に調…

  5. ART

    出生の累積確率を予測するための治療前カウンセリングツールについて

    卵巣予備能と年齢を用い生児出産の予測モデルを作成したところ、陽性予測値…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. ART

      2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った場合における受胎時の胎児数についての論文…
    2. 妊娠の科学

      男性の加齢が雄性の胚細胞にどのような影響を及ぼすか?
    3. 未分類

      胚の早期卵割異常と胞胚形成または着床率との間に関係はあるのか?~タイムラプスイメ…
    4. 男性不妊

      禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文
    5. ART

      IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文
    PAGE TOP