ART

IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者において卵丘-卵コンプレックスの数とMII期卵の数を高い精度で予測できるという結果が得られた。

AIを利用したアルゴリズムによって初回のIVFを受ける患者において異なった卵巣刺激プロトコールによってどのような卵巣の反応性が得られるか予測できるか否か検討した。

初回の6,952IVF周期のデータベースを用いた。予測因子には患者の年齢、BMI、血液型、喫煙の状態、治療の理由、民族、胞状卵胞数、FSH、エストロゲンレベル、LHレベル、初経年齢を用いた。データベースに含まれる治療周期の80%を用いてアルゴリズムを作成した。残りの20%を用いて有用性を確認した。

分析されたデータベースに含まれた女性は平均年齢37.6歳、BMIは24.2、平均卵丘-卵コンプレックスは10個、MII期卵は7.2個であった。

最上の結果はRandom Forestアルゴリズムを用いたものであった。卵丘-卵コンプレックスの数との相関は0.829であった。AIを用いたアルゴリズムは81%の精度で治療前の各種要因から得ることができるMII期卵の数を予測することができる。

Development and validation of an artificial intelligence based algorithm for the selection of an optimal stimulationprotocols in IVF patients

N.Correa1, S. Brazal2, D. García2, M. Brassesco1, R. Vassena2.

1Centro de Infertilidad y Reproducción Humana CIRH, Assisted Reproduction, Barcelona, Spain.

2Clínica EUGIN, Research Department, Barcelona, Spain.

関連記事

  1. ART

    形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率的

    40~ 43歳の高齢女性においては自己の卵子を用い形態的に胚の選択をし…

  2. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について

    最初のメタアナリシスで凍結融解胚移植によって、着床率、妊娠率および継続…

  3. ART

    35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文

    IVFを受けた女性を対象とし調査した結果、35歳以上の女性では乳製品摂…

  4. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  5. ART

    IVFまたはICSIを受けた卵管留水腫を有する女性における妊娠継続率について、子宮鏡下卵管閉鎖術と腹…

    IVF/ICSIを受けた卵管留水腫を有する女性において、子宮鏡下卵管閉…

  6. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②

    ミトコンドリアからのエネルギーの供給が染色体分離と細胞分裂に重要な影響…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文
      2. 男性不妊

        過体重や肥満男性は、精液量や精液濃度、総精子数において少ない傾向があることを示し…
      3. ART

        Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ…
      4. ART

        IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないとい…
      5. 未分類

        IVFを受けた正常月経周期を有する女性の血中DHEAS上昇と流産の関係について
      PAGE TOP