ライフスタイル

環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威になる可能性を示した論文

自然ガス、内分泌攪乱化学物質および大気汚染などを含む環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威となるのではないかとする根拠が蓄積されてきています。
生殖やその他の健康上の影響は、子宮内で汚染物質に被曝することによってももたらされます。時には世代間効果を生み出すこともあるでしょう。

ヘルスケアの専門家に研究を促し、将来の世代への健康も考慮した対応について検討してみる必要があるのではないでしょうか。

Environmental toxicants:hidden players on the reproductive stage
Linda C.Giudice
Fertil Steril.2016 Sep;106(4):791-794
【文献番号】r14200 (生殖医療関連事項)

自然ガス、内分泌攪乱化学物質および大気汚染などを含む環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威となるのではないかとする根拠が蓄積されてきている。医療機器、食物のコンテナー、殺虫剤、おもちゃ、廃棄電子部品、織物の処理物質、室内および室外における空気や土壌などにも汚染物質は存在している。国境を越え食物、風、水なども運ばれている。

生殖やその他の健康上の影響は子宮内で汚染物質に被曝することによってももたらされる。新生児期、思春期、成人期などにもその影響が認められ、時には世代間効果を生み出すこともある。大部分の化学物質は有害とされるレベルとされていないが、時には薬剤や化学物質などがヒトの健康に危険をもたらすこともある。

データを評価することの難しさ、リスクのある人々の評価に伴う困難さ、有害性を評価するための確かな方法、いろいろな問題を引き起こすメカニズムなどに関して研究を進める必要がある。さらに、ヘルスケアの専門家に研究を促し、将来の世代への健康も考慮した対応について検討してみる必要がある。

関連記事

  1. ライフスタイル

    生児出産率が高まる生活様式についての文献

    妊娠を考える男性は、オメガ-3脂肪酸や抗酸化剤の摂取が最も有効と考えら…

  2. ライフスタイル

    親になることのタイミングに影響を与える因子について

    若い男性が家族形成の好ましいタイミングに影響を与える因子として社会的…

  3. ART

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることを示した論文

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることが確認されまし…

  4. ライフスタイル

    女性生殖器と金属の関係における考察の必要性について投げかけた論文

    正常と判定された組織と比較し、子宮内膜癌、子宮内膜増殖症、子宮内膜上皮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        精子にHPVが認められた場合、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下…
      2. 未分類

        胚の早期卵割異常と胞胚形成または着床率との間に関係はあるのか?~タイムラプスイメ…
      3. ART

        予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示…
      4. 食生活

        砂糖を添加した飲料水の消費が精液所見とどのような相関があるか調べた論文
      5. ART

        同一月経周期に2回刺激採卵する方法が、低反応性の不妊症患者でも有効である可能性を…
      PAGE TOP