ART

形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率的

40~ 43歳の高齢女性においては自己の卵子を用い形態的に胚の選択をした場合において IVFの周期当たりの分娩率は21%となり、至適レベルよりも低いものの排除されるべき値ではない。

40~43歳の高齢女性が不妊治療の第1の選択としてPGT-Aによる胚の選択を試みないで自己の卵子を用いたIVFを考慮することは妥当な選択肢として勧めることができるのかという点について検討した。PGTAを試みないで自己の卵子を用いた治療周期において採卵当たりどの程度の累積分娩率が得られるか調査した。

2007~2016年において40~43歳の女性に424周期の採卵が試みられた。その結果、1,729個の分割胚が得られた。同様の期間に30~39歳の患者に行われた治療周期をコントロール群とした。

グループAは30~34歳、グループ Bは 35~ 37歳、グループ Cは 38~ 39歳とした。完全受精障害をみた治療周期は対象から除外した。古典的な形態的評価に従ってday2~3において新鮮胚移植を行うか、あるいは胚凍結を行うかのいずれかを選択した。胚の有用性の算出には残りの凍結胚は含めなかった。

スペインの 2015年の卵子提供のデータを分娩率の比較のために用いた。採卵当たりの累積分娩率は 40~43歳の患者においては21.2%(90/424)であった。分娩率はグループAにおいては53.3%(519/973)、グループBでは44.5%(394/885)、グループCでは36.3%(181/498)という結果であった。

このような結果はコントロール群におけるA群、B群およびC群における分娩率は40%、48%および58%に達することを意味するものである。

生児出産に至った移植胚の割合は A群では 26.6%(648/2,439)、B群では 22.1%

(470/2,125)、C群では 16.1%(200/1,245)、研究群では 10.1%(102/1,013)という結果であった。

生児出産に至った周期当たりの分割期胚の割合は A群では 13.6%(648/4,774)、B群では 11.9%(470/3,966)、C群では9.0%(200/2,217)、研究群では6.3%(102/1,616)であった。これらの数値には統計的有意差が認められた。

さらによい結果が得られることが7か所のスペインの医療センターのデータでは認められている。レシピエントが 40歳以上であった場合、新鮮胚移植当たりの分娩率は45.7%(501/1,096)であった。

我々の研究群における新鮮胚移植当たりの分娩率は18.1%(70/386)でこのことは提供卵子と同様な年齢のレシピエントにおいて得られる最大の値の 40%に相当することを意味する。

The use of non-donor egg IVF with embryo selection by morphology is efficient for patients aged 40-43

F.Prados Mondéjar1, G. Perez-Bermejo1, V. Santos1, I. Bruna1.

1Hospital HM Montepríncipe, HM Fertility Center, Madrid, Spain.

関連記事

  1. ART

    体外受精後のOHSSによる入院

    体外受精後のOHSSによる入院は、改善が見込まれているにもかかわらず…

  2. ART

    35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文

    IVFを受けた女性を対象とし調査した結果、35歳以上の女性では乳製品摂…

  3. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  4. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②

    ミトコンドリアからのエネルギーの供給が染色体分離と細胞分裂に重要な影響…

  5. ART

    子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いということを示した論文…

    子宮内膜症の手術を受けARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児…

  6. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットである…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        トリガーの日における血中プロゲステロンレベルによる継続妊娠率の変化について
      2. 多胎妊娠

        医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
      3. 不妊リスク

        子宮外妊娠のオッズはたとえ非良好胚であっても2個の胚移植を試みることによって上昇…
      4. 代理出産

        フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響につい…
      5. ART

        刺激と培養によるエピジェネティックな変化について
      PAGE TOP