ART

IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことが明らかになりました。

influence of embryo culture medium(G5 and HTF)on pregnancy and perinatal outcome after IVF:a multicecter RCT
Sander H.M.Kleijkers,Elemi Mantikou,Els Slappendel,Dimitri Consten,Jannie van Echten-Arends,Alex M.Wetzels,Madelon van Wely,Luc J.M.Smits,Aafke P.A.van Montfoort,Sjoerd Repping,John C.M.Dumoulin,and Sebastiaan Mastenbroek
Hum Reprod.2016 Oct;31(10):2219-2230

IVF/ICSIの際に用いられる培養液には大きな差異が認められる。どのような培養液が臨床結果からみて最善であるかという点についてはよくわかっていない。胚培養に用いられる培養液が出生体重に影響を与えることが知られているが、大規模な無作為対照試験で調べられているわけではない。そこで、胚培養液がIVFにおける妊娠にどのような影響を及ぼすか、また周産期における臨床結果にどのような影響を及ぼすか検討した。

IVFにおいてHTFとG5を比較するために多施設が参加した二重盲検無作為対照試験を実施した。2010~2012年においてHTF群419組、G5群417組を含む836組を対象に調査を行なった。無作為にグループ化し、1年以内にカップルが受けたすべての治療周期に同じ培養液を使用した。一次評価項目は生児出産率とした。オランダにおいて6か所の医療センターの1つにおいてIVFあるいはICSIによる治療を予定したカップルを対象とした。

生児出産率はG5群においてHTF群よりも高い値を示したが統計的有意差を得るには至らず、それぞれ44.1%と37.9%、相対リスクは1.2という結果であった。周期当たりの利用された胚の数はそれぞれ2.8個と2.3個で前者において有意に高く、新鮮胚移植後の着床率はそれぞれ20.2%と15.3%でG5群においてHTF群よりも有意に高い値を示した。さらに、臨床的妊娠率はそれぞれ47.7%と40.1%で、その相対リスクは1.2とG5群においてはHTF群よりも有意に高い値を示した。

今回の臨床試験において出産した383名の生児において380名の児の出生体重のデータが得られた。単胎児は300名でG5群が163名、HTF群が137名、双胎時は80名でG5群が38名、HTF群が42名であった。

出生体重はG5群においてはHTF群より有意に低く、その平均の差異は158gと統計的有意差が認められた。単胎児の早産率はG5群においては8.6%(14/163)とHTF群における2.2%(3/137)を有意に上回った。分娩週数および性で補正した単胎児の出生体重はG5群においてはHTF群よりも有意に低い値を示した。

関連記事

  1. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

    卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の…

  2. ART

    IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

    AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者におい…

  3. ART

    卵巣刺激下のIUIによって継続妊娠率の向上が見られたことを示した論文

    原因不明不妊カップルにおいて、卵巣刺激下のIUIを施行することによって…

  4. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点

    全胚凍結にはいろいろなメリットがあり、調節卵巣刺激の開始時期を厳密に調…

  5. ART

    IVFに対する子宮筋腫の影響:系統的レビューとメタ分析

    子宮腔に影響を与えない筋層内筋腫が存在している場合、漿膜下筋腫の有無に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ライフスタイル

        環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威になる可能性を示した論文
      2. 男性不妊

        過体重や肥満男性は、精液量や精液濃度、総精子数において少ない傾向があることを示し…
      3. ART

        IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示し…
      4. 妊娠の科学

        出生の累積確率を予測するための治療前カウンセリングツール
      5. 食生活

        砂糖を添加した飲料水の消費が精液所見とどのような相関があるか調べた論文
      PAGE TOP