ART

35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文

IVFを受けた女性を対象とし調査した結果、35歳以上の女性では乳製品摂取量が多い人が少ない人よりARTでの生児出産率が有意に高くなりました。それは、35歳未満ではあまり変わりませんでした。

この結果より、アレルギーがなければ35歳以上のARTを考えている女性では乳製品を摂取するよう心がけた方がよいかもしれません。

35歳以上の女性においては総乳製品の摂取量と生児出産率との間には正の相関が認められた。

Diary intake in relation to in vitro fertilization outcomes among women from a fertility clinic
M.C.Afeiche,Y.-H.Chiu,A.J.Gaskins,P.L.Williams,I.Souter,D.L.Wright,R.Hauser,and J.E.Chavarro for the EARTH Study team
Hum Reprod.2016 Mar;31(3):563-571

以前の研究において、乳製品が不妊のリスクと相関すると報告されている。しかし、不妊治療の結果とどのような関係があるかという点についてはよくわかっていない。
そこで不妊治療を受けた女性において乳製品の消費が生児出産と相関するか否かという点について検討した。2007~2013年においてIVFを受けた232名の女性を対象に調査を行った。

有用性が確認されている食物摂取にかかわる質問票を用いて、ARTの施行前に食事の状態を調べた。評価結果の項目には子宮内膜の厚さ、エストラジオールレベル、採卵数などを含む調節卵巣刺激の結果、受精率、胚の質および着床率、臨床的妊娠率および生児出産率を含む臨床結果などを含めた。

女性に実施された複数回のARTを考慮し、一般化線形混合モデルを用いて年齢、摂取カロリー、BMI、人種、喫煙状態、不妊原因の診断名、プロトコールのタイプ、アルコール摂取および食事のパターンなどの背景となる要因で補正し分析した。

乳製品の摂取量が1日3回超の最上位四分位と1日1.34回未満の最下位の四分位との間で年齢およびカロリーで補正した生児出産率の差異は21%で、統計的有意差が認められた。しかし、その他の背景となる要因で補正したところ、有意差は35歳以上の女性においてのみ認められた。

35歳以上の女性において総乳製品の摂取量の四分位が上昇した場合、多変量補正生児出産率はそれぞれ23%、39%、29%、55%と有意上昇傾向が認められた。35歳未満の女性においては46~54%に分布し、統計的有意差は得られなかった。乳製品の摂取量とその他の臨床結果との間には有意な相関は認められなかった。

関連記事

  1. ART

    IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文

    IVF/ICSIにおいて、累積生児出産率は採卵数と比例し上昇するという…

  2. ART

    子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いということを示した論文…

    子宮内膜症の手術を受けARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児…

  3. ART

    IVFまたはICSIを受けた卵管留水腫を有する女性における妊娠継続率について、子宮鏡下卵管閉鎖術と腹…

    IVF/ICSIを受けた卵管留水腫を有する女性において、子宮鏡下卵管閉…

  4. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養…

  5. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②

    ミトコンドリアからのエネルギーの供給が染色体分離と細胞分裂に重要な影響…

  6. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. ART

        IVFまたはICSIを受けた卵管留水腫を有する女性における妊娠継続率について、子…
      2. 未分類

        粘膜下子宮筋腫を有する患者の生殖および産科転帰に対する腹腔鏡下筋腫核出術の影響
      3. 多胎妊娠

        医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて
      4. ART

        クロミフェンはIUIにおいて、最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認され…
      5. 妊娠の科学

        制御された精子DNA損傷の卵母細胞DNA修復能力は女性の年齢によって影響される
      PAGE TOP