ART

チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べた論文

チョコレート嚢胞以外の良性卵巣嚢腫を摘出したところ、血中AMHレベルは有意に低下しました。このような結果が実際に卵巣予備能の低下を反映したものか否かという点について検討してみる必要があります。

The impact of excision of benign nonendometriotic ovarian cysts on ovarian reserve:a systematic review
Ahmed A.Mohamed,Tarek K.Al-Hussaini,Mohamed M.Fathalla,Tarek T.El Shamy,Ibrahim I.Abdelaal,Saad A.Amer
Am J Obstet Gynecol.2016 Aug;215(2):169-176
【文献番号】r02200 (低卵巣反応、卵巣予備能、加齢、予測因子、AMH)

良性の非チョコレート嚢胞である卵巣腫瘍はよく認められ、しばしば摘出が試みられる。しかし、そのような手術が卵巣予備能にネガティブな影響を与えるのではないかと危惧されている。そこで、チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べるために、血中AMHレベルを指標にし、評価した研究をデータベースから収集しメタアナリシスを試みた。

良性卵巣嚢腫の摘出後に血中のAMHの測定を試み、その変化を調べた前方視的および後方視的研究、さらに無作為対照試験を対象に分析した。25件の研究が認められたが、10件の分析が対象となった。367名の患者のデータをまとめ分析したところ、卵巣嚢腫摘出後に血中AMHレベルは有意に低下し、加重平均差は-1.14ng/mlであった。

3か月にわたる追跡調査を行った研究、Gen II anti-Mullerian hormone assayを用いた研究およびIOT anti-Mullerian hormone assayを用いた研究を含めたサブグループを対象としたところ、ばらつきは改善されたが術後に有意な血中AMHレベルの低下が認められ、加重平均差はそれぞれ-1.44、-0.88および-1.56という結果であった。バイアスのリスクが低い研究を含め、交絡因子が認められた研究を除外した感度分析においても術後に血中AMHレベルの有意な低下が認められた。

関連記事

  1. ART

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることを示した論文

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることが確認されまし…

  2. ART

    不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LANCET)

    自然に妊娠することが困難であるために医療補助生殖(MAR)を検討してい…

  3. ART

    IUIの緩慢注入法について

    35歳未満の女性においては、4時間にわたって子宮腔に低濃度の精子を注入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示し…
  2. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示…
  3. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について
  4. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略
  5. ART

    35歳未満の女性におけるⅠ型糖尿病とAMHの関係性についての論文
PAGE TOP