ART

  1. ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

    IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクションからなるガイドラインがESHREから発表されました。このガイドラインはヨーロッパ各国を…

  2. 不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇が認められました。一方、不妊治療で双胎妊娠となった親においては、精神病理学的な症状のレベル…

  3. チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べた論文

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣嚢腫を摘出したところ、血中AMHレベルは有意に低下しました。このような結果が実際に卵巣予備能の低下を反映したものか否かという点につ…

  4. IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇しません。Risk of miscarriage in women with end…

  5. 全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点

    全胚凍結にはいろいろなメリットがあり、調節卵巣刺激の開始時期を厳密に調整する必要もなくなるというメリットもある緩慢凍結とvitrificationを比較した…

  6. 全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について

    最初のメタアナリシスで凍結融解胚移植によって、着床率、妊娠率および継続妊娠率に有意な上昇が認められたと報告されたその後、凍結融解胚移植によって生児出産率を高…

  7. 全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

    卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の問題に対処することができるしかし、卵子や胚のvitrificationを試みることによ…

  8. 全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットであるが、その他のいくつかの因子もARTに全胚凍結戦略を導入する要因となっている。ARTの計画が…

  9. IVF患者の膣微生物叢を調べるqPCRテストは、異常膣微生物叢の有無を調べて臨床的妊娠を予測するツー…

    IVF患者の膣微生物叢(microbiota)を調べるqPCRテストは、異常膣微生物叢の有無を調べIVFの臨床的妊娠を予測する確かなツールとなるものと思われます…

  10. 精子にHPVが認められた場合、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下し、流産率は上昇する…

    精子にhuman papillomavirus(HPV)が認められた例においては、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下し、流産率は上昇するという結…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. 不妊リスク

    子宮内膜症の思春期の少女へのサプリメント投与:二重盲検、無作為化、プラセボ対照試…
  2. ART

    IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開…
  3. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベ…
  4. ART

    フィンランドの妊娠代理出産に関する患者の視点~ARTの時代に子宮のない女性はどう…
  5. ART

    不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LAN…
PAGE TOP