ART

全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜メリットと抱える問題点

全胚凍結にはいろいろなメリットがあり、調節卵巣刺激の開始時期を厳密に調整する必要もなくなるというメリットもある

緩慢凍結とvitrificationを比較した場合、vitrificationは妊娠率の向上をもたらすが、その背景には良好な胚の選択も影響している可能性がある。採卵の時期の決定に17mm以上の卵胞が3個というような基準を設けることなく、最終的な卵子の成熟を遅らせることもでき、採卵の時期を決定することが容易になるというメリットも考えられる。卵胞期の最後の時点におけるプロゲステロンレベルが1.5ng/ml超の場合にはネガティブな影響を与えると報告されているが。全胚凍結戦略を用いる場合にはこのような点に配慮する必要もない。また、全胚凍結を用いることによって調節卵巣刺激の開始時期を厳密に調整する必要もなくなる。場合によっては調節卵巣刺激を黄体期から開始することもでき、それによって臨床結果にも影響を与えないとする報告もある。

全胚凍結戦略を用いれば自然周期あるいは調整周期において凍結融解胚を移植することができる

全胚凍結戦略を用いれば自然周期あるいは調整周期において凍結融解胚を移植することができるが、GnRH down-regulationの使用の有無にかかわらず同様な有用性が得られると報告されている。自然周期がより患者にとって優しい治療法で、また費用の負担も少ないと考えられているが、調整周期の胚移植ではたとえ月経周期が不順であっても胚移植することができ、週末などの胚移植を回避することもできる。調整周期ではタイミングよく胚移植することができるという報告もある。最近、LHサージを回避するため、medroxyprogesterone acetateの経口投与が有効とする報告もある。どのような凍結融解胚を移植法が良いかという点に対してはまだ検討する余地がある。

 

新鮮胚移植と比べ凍結融解胚移植によって高い妊娠率が得られるという根拠が蓄積されてきているが、いくつかの問題点も指摘されている

新鮮胚移植と比べ凍結融解胚移植によって高い妊娠率が得られるという根拠が蓄積されてきている。しかし、対象者が卵巣の反応性が良好なものに限られているなどのバイアスもあり、すべての患者にこれが応用できるかどうかという点に関してはさらに検討してみる必要がある。一方、凍結融解胚移植においては単胎妊娠例においてもLGAの児の出産リスクは上昇するという報告もある。vitrificationを試みた場合においては必ずしもLGAの児の出産のリスクは上昇しないとする報告もある。LGAや巨大児出産は死産、新生児仮死、肩甲難産、低血糖などの産科的なネガティブな臨床結果と凍結融解胚移植との関係を大規模な研究でさらに確認してみる必要がある。

関連記事

  1. ART

    35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文

    IVFを受けた女性を対象とし調査した結果、35歳以上の女性では乳製品摂…

  2. ART

    IVF患者の最適な刺激プロトコルを選択するための人工知能ベースのアルゴリズムの開発と検証

    AIを利用した予測モデルを作成したところ初回のIVFを受けた患者におい…

  3. ART

    世界におけるARTの実施状態とその結果について調査した論文

    世界的にみてARTの実施状況を調べたところ、その利用頻度と有用性は国に…

  4. ART

    IUIの緩慢注入法について

    35歳未満の女性においては、4時間にわたって子宮腔に低濃度の精子を注入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. 副作用

      ヒトの胎児の精巣や卵巣がアセトアミノフェンやイブプロフェンに被曝した場合について…
    2. ART

      形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率…
    3. 男性不妊

      禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文
    4. 未分類

      自家幹細胞卵巣移植(ASCOT)により反応不良者(PR)の女性に5回の妊娠が成立…
    5. ART

      35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文…
    PAGE TOP