ART

不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LANCET)

自然に妊娠することが困難であるために医療補助生殖(MAR)を検討しているカップルは、医療介入を選択することによって自分の赤ちゃんに害を及ぼすことができることを恐れています。医師は、MARにより早産(妊娠37週未満)および低出生体重(2.5キログラム未満)のリスクが高まることを警告することがあります。

それは、挙児希望のカップルにとっては難しい決断です。低出生体重児は、通常体重の児よりも呼吸器系、認知系および神経系の問題が多くなります。早産児は、心臓障害、肺障害、脳障害、および発達遅滞のリスクが高くなります。

真実は「早産と低出生体重のリスクが実際には増加しない」ということです。

これは、医学雑誌The Lancetに発表されたばかりの新しい研究の発見です。

マックスプランク人口統計研究所(MPIDR)の科学者は、ロンドンスクールオブエコノミクスおよびヘルシンキ大学の研究者と一緒にフィンランドの兄弟姉妹を多数分析したが、リスクの上昇は見られなかった。これは、リスクの上昇を発見した他の研究者による以前のいくつかの研究とは対照的です。

不妊治療で授かった子が有害出産転帰を被りやすいのは不妊治療以外の要因に主に起因するようです。

<関連リンク>

https://www.mpg.de/12640511/medically-assisted-reproduction-risks?c=2249

関連記事

  1. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

    IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼす…

  2. ART

    IVFおよびICSIにおける累積生児出産率と採卵数の関係について示した論文

    IVF/ICSIにおいて、累積生児出産率は採卵数と比例し上昇するという…

  3. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  4. ART

    子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いということを示した論文…

    子宮内膜症の手術を受けARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. ライフスタイル

      親になることのタイミングに影響を与える因子について
    2. ART

      全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略
    3. ART

      胚の着床には子宮内膜と胚の同調が必要であることを示した論文
    4. ライフスタイル

      環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威になる可能性を示した論文
    5. 不妊リスク

      ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について④
    PAGE TOP