ART

ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクションからなるガイドラインがESHREから発表されました。このガイドラインはヨーロッパ各国を代表する10名のembryologistが中心となりまとめ、embryologist専門委員会のレビューを受けたものです。

Revised guidelines for good practice in IVF laboratories(2015)
The ESHRE Guideline Group on Good Practice in IVF Labs,Maria Jose De los Santos,Susanna Apter,Giovanni Coticchio,Debrock,Kersti Lundin,Carlos E.Plancha,Prados,Rienzi,Greta Verheyen,Bryan Woodward,and Nathalie Vermeulen
Hum Reprod.2016 Apr;31(4):685-686
【文献番号】r13300 (倫理、法規制、ガイドライン、勧告)

IVFラボにおける管理やケアを適正化するために、ESHREのembryologyの専門家グループが勧告を発表した。ESHREに参加する各国を代表する10名のembryologistのグループが検討を重ねガイドラインを作製した。専門家グループが2008年の記録を評価し、その結果に基づいてそれぞれの専門家が担当部門のレビューを行った。その後、2日間にわたるミーティングを行い、コンセンサスが得られるまで検討し訂正した。最終的な原稿をESHREのembryologist専門委員会のメンバーに提示した。

このガイドラインにはIVFのラボに必要なスタッフの配置、今後のラボの業務の方向性、質の管理、安全性の維持、IVFのラボにおいて行われる患者のIDに関わる問題、生殖細胞の追跡、生物資料の処理、採卵、精子の処理、媒精、受精の評価、胚培養、胚移植および凍結保存などに関する勧告を含めた。最後のセクションにおいてはIVFラボにおける緊急的問題への対応法などにも触れている。全勧告はインターネット(http://humrep.oxfordjournals.org/
でアクセスできるようになっている。

参考:ESHREの勧告の掲載されているサイトのアドレス
https://www.eshre.eu/Guidelines-and-Legal/Guidelines/Revised-guidelines-for-good-practice-in-IVF-laboratories-(2015).aspx
このアドレスのアクセスし、「Standard full version Download here」のところをクリックすると、勧告へアクセスすることができる。

関連記事

  1. ART

    IVFまたはICSIを受けた卵管留水腫を有する女性における妊娠継続率について、子宮鏡下卵管閉鎖術と腹…

    IVF/ICSIを受けた卵管留水腫を有する女性において、子宮鏡下卵管閉…

  2. ART

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇し…

  3. ART

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べた論文

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣嚢腫を摘出したところ、血中AMHレベルは…

  4. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  5. ART

    世界におけるARTの実施状態とその結果について調査した論文

    世界的にみてARTの実施状況を調べたところ、その利用頻度と有用性は国に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. 不妊治療

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について①
  2. ART

    IUIの緩慢注入法について
  3. ART

    同一月経周期に2回刺激採卵する方法が、低反応性の不妊症患者でも有効である可能性を…
  4. ART

    第1細胞質分裂後の割球の移動時間が新鮮胚移植後の臨床的妊娠率に影響を与えることに…
  5. 不妊治療

    原因不明の不妊症に対する介入:系統的レビューとネットワークメタアナリシス
PAGE TOP