ART

クロミフェンはIUIにおいて、最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認された論文

クロミフェンと比較しFSHを用いてIUIを施行する場合、1例の継続妊娠を達成するためのさらなる費用は10,556.87ユーロ必要で、クロミフェンはIUIにおいて最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認されました。

O-120 A cost-effectiveness analysis of ovarian stimulation with follicle stimulating hormone (FSH) compared with

clomiphene citrate (CC) in intra uterine insemination (IUI)

N.Danhof1, M. van Wely1, F. van der Veen1, M. Mochtar1.

1AMC, Center for Reproductive Medicine, Amsterdam, The Netherlands.

卵巣刺激下のIUIは原因不明不妊あるいは軽度男性不妊のカップルにおいて第1選択の治療法である。

ヨーロッパでは毎年176,000周期にわたるIUIが施行されている。

Cochrane reviewでは卵巣刺激の際にFSHを用いることを勧めている。しかし、多施設が参加した無作為対照試験の結果ではFSHで卵巣刺激を試みた場合の継続妊娠率および生児出産率はクロミフェン周期よりも優れているわけではないという結果が得られている。

厳密なキャンセルの基準を用いた場合、FSH周期とクロミフェン周期において同様な妊娠率が得られたが多胎妊娠率は低値にとどまったという結果も得られている。

そこで、厳密なキャンセルの基準を用いた場合、IUIを受けた原因不明あるいは軽度男性不妊のカップルにおいてFSHあるいはクロミフェンのいずれが費用対効果の面で優れているか調査した。

原因不明あるいは軽度男性不妊と診断された738組のカップルをオランダのヘルスケア評価協会に属する24か所のクリニックから抽出した。

費用の算定においては公的なソースや文献などから収集した。また、継続妊娠当たりの費用を75単位のFSHと100mgのクロミフェンを対象に増分費用対効果比を算出した。

カップル当たりの平均費用はFSHに対しては1,472.40ユーロ、クロミフェンに対しては1,014.65ユーロであった。FSHの有用性はクロミフェンよりも4%上昇するという結果が得られた。FSHを用いて1例継続妊娠例を達成するためのさらなる費用はクロミフェンに比べ10,556.87ユーロという結果であった。

また、さらなる1例の継続妊娠のために15,000ユーロを支払ってもよいとした場合、FSHはクロミフェンと比較し費用対効果の面で優れており67%に継続妊娠の可能性があるという結果が得られた。

もし、1例の継続妊娠に対して45,000ユーロを支払ってもよいとするならばFSHはクロミフェンと比較し費用対効果の面で優れており91%の継続妊娠の可能性があるという結果が得られた。

関連記事

  1. ART

    35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文

    IVFを受けた女性を対象とし調査した結果、35歳以上の女性では乳製品摂…

  2. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について

    最初のメタアナリシスで凍結融解胚移植によって、着床率、妊娠率および継続…

  3. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を…

  4. ART

    35歳未満の女性におけるⅠ型糖尿病とAMHの関係性についての論文

    35歳未満の女性において、I型糖尿病を有している場合には糖尿病を有して…

  5. ART

    Day5対Day6の新鮮および凍結胚盤胞移植サイクルの結果:系統的レビューとメタ分析

    day5胚盤胞移植を試みることによってday6胚盤胞移植よりも新鮮胚…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について
  2. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について
  3. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベ…
  4. 子宮内膜症

    性交痛と抑うつ症状は子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関したが、男性パートナ…
  5. ライフスタイル

    親になることのタイミングに影響を与える因子について
PAGE TOP