過去の記事一覧

  1. 不妊リスク

    ガン罹患後の不妊リスクについて

    一定の非婦人科の癌に罹患した思春期/若年女性の生存者はその後に不妊と診断されるリスクは上昇する。このリスクは分娩の既往の有無によって影響を受けるという結果が得…

  2. ライフスタイル

    親になることのタイミングに影響を与える因子について

    若い男性が家族形成の好ましいタイミングに影響を与える因子として社会的な期待、物事の適正な順序、個別的人間性の破棄に対する準備状態、安全性の確保などが影響をもた…

  3. 妊娠の科学

    制御された精子DNA損傷の卵母細胞DNA修復能力は女性の年齢によって影響される

    年齢の高いマウスから得られた卵子は若いマウスから得られた卵子と比較し精子によって引き起こされたDNAの損傷の修復能が低下しているものと考えられる。 女性の生殖…

  4. 不妊治療

    原因不明の不妊症に対する介入:系統的レビューとネットワークメタアナリシス

    IVFと卵巣刺激下のIUIは最も有用性が高かった。安全性は低いという結果が得られた。一方、待期療法とIUIは最も有用性が低いが安全性は最も高いという結果が得ら…

  5. セックスレス

    性交痛と抑うつ症状が子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関することを示した論文

    性交痛と抑うつ症状は子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関したが、男性パートナーにおける性機能には影響はもたらさなかった。Dyspareunia and …

  6. ART

    不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LANCET)

    自然に妊娠することが困難であるために医療補助生殖(MAR)を検討しているカップルは、医療介入を選択することによって自分の赤ちゃんに害を及ぼすことができることを恐…

  7. ART

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることを示した論文

    男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることが確認されました。これらは変更可能な因子でもあり、男性の健康にかかわる問題の治療がIVFの成績を向上させ…

  8. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を用いた予測モデルによって高い精度で識別できるという結果が得られました。Predic…

  9. 着床障害

    反復着床障害の患者における血中の代謝産物のレベルについて検討した論文

    反復着床障害の患者においては、反復着床成功例の患者と比較し血中のvaline、adipic、acid、L-lysine、creatine、ornithine、g…

  10. 不妊リスク

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について④

    POIと診断された女性における泌尿生殖系の問題に対しどのような治療法があるか泌尿生殖系の症状が認められた場合には、エストロゲンの局所療法が有効である。POI…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. 食生活

      IVFにおいて、全粒穀物の摂取量と生児出産率に相関があることを示した論文
    2. 代理出産

      フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響につい…
    3. 男性不妊

      禁欲期間1日間と4日間ではどちらが、精液の抗酸化能がよいか調査した論文
    4. ART

      不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベ…
    5. ライフスタイル

      女性生殖器と金属の関係における考察の必要性について投げかけた論文
    PAGE TOP