過去の記事一覧

  1. 不妊治療

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について①

    ESHREガイドライン作成グループは、POIの診断と治療に関する31の中心的疑問に答えるために99の勧告を作成した。ESHRE Guideline:ma…

  2. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②

    ミトコンドリアからのエネルギーの供給が染色体分離と細胞分裂に重要な影響をもたらすと考えられるBob CasperとCarlos Simonはミトコンドリアか…

  3. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養素の補充、細胞のエネルギーレベル、内分泌やパラクリンにかかわる因子、外因性ゴナドトロピン、…

  4. ART

    胚の着床には子宮内膜と胚の同調が必要であることを示した論文

    生存能力の高い胚であっても受容能のない子宮内膜に移植された場合には不成功に終わる。着床期ウィンドウにおいて子宮内膜が受容能を獲得し、胚の接着と妊娠成立が促される…

  5. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

    IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクションからなるガイドラインがESHREから発表されました。このガイドラインはヨーロッパ各国を…

  6. 子宮内膜症

    チョコレート嚢胞の再発と卵巣癌の相関について

    卵巣癌はチョコレート嚢胞の摘出後に発現することがあり、再発性チョコレート嚢胞からの発現をみるものが多くみられました。チョコレート嚢胞が再発した場合には厳しい追跡…

  7. 多胎妊娠

    医原性高次多胎妊娠がヘルスケアシステムに対してもたらす経済的なリスクについて

    医原性高次多胎妊娠はヘルスケアシステムに対しかなりの経済的なリスクをもたらすものと考えられます。1998年に胚移植数に関するガイドラインが発表されて以来、高次多…

  8. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇が認められました。一方、不妊治療で双胎妊娠となった親においては、精神病理学的な症状のレベル…

  9. ART

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣腫瘍の摘出が、卵巣予備能にどのような影響を与えるかを調べた論文

    チョコレート嚢胞以外の良性卵巣嚢腫を摘出したところ、血中AMHレベルは有意に低下しました。このような結果が実際に卵巣予備能の低下を反映したものか否かという点につ…

  10. ART

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において、流産のリスクは上昇しないということを示した論文

    IVFで妊娠に至った子宮内膜症を有する女性において流産のリスクは上昇しません。Risk of miscarriage in women with end…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. ART

      全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜その可能性について
    2. 子宮内膜症

      チョコレート嚢胞の再発と卵巣癌の相関について
    3. ART

      子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いと…
    4. ART

      形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率…
    5. 代理出産

      フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響につい…
    PAGE TOP