過去の記事一覧

  1. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜有用性と適正な評価の必要性

    卵子や胚のvitrificationを試みることによって黄体機能不全の問題に対処することができるしかし、卵子や胚のvitrificationを試みることによ…

  2. ART

    全胚凍結戦略がARTにもたらすもの〜広がりつつある全胚凍結戦略

    全胚凍結戦略によってOHSSを回避できることが最も大きなメリットであるが、その他のいくつかの因子もARTに全胚凍結戦略を導入する要因となっている。ARTの計画が…

  3. ライフスタイル

    女性生殖器と金属の関係における考察の必要性について投げかけた論文

    正常と判定された組織と比較し、子宮内膜癌、子宮内膜増殖症、子宮内膜上皮内病変などと診断された組織において、微量金属の蓄積が認められました。女性の生殖器官にお…

  4. 子宮内膜症

    子宮内膜症を有している女性は、自然流産の発現頻度に優位な上昇が認められたことを示した論文

    子宮内膜症を有している女性においては、コントロールの女性と比較し自然流産の発現頻度に有意な上昇が認められました。Increased rate of sp…

  5. ライフスタイル

    環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威になる可能性を示した論文

    自然ガス、内分泌攪乱化学物質および大気汚染などを含む環境汚染物質がヒトの生殖にとって大きな脅威となるのではないかとする根拠が蓄積されてきています。生殖やその…

  6. 子宮内膜症

    性交痛と抑うつ症状は子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関したが、男性パートナーにおける性機能には…

    子宮内膜症を有する女性は性交痛、性機能の低下、QOLの低下などに遭遇することがある。定性的研究によれば、子宮内膜症を有する女性のパートナーは、子宮内膜症はQOL…

  7. ART

    IVF患者の膣微生物叢を調べるqPCRテストは、異常膣微生物叢の有無を調べて臨床的妊娠を予測するツー…

    IVF患者の膣微生物叢(microbiota)を調べるqPCRテストは、異常膣微生物叢の有無を調べIVFの臨床的妊娠を予測する確かなツールとなるものと思われます…

  8. ART

    精子にHPVが認められた場合、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下し、流産率は上昇する…

    精子にhuman papillomavirus(HPV)が認められた例においては、自然妊娠とARTによる妊娠の累積妊娠率は有意に低下し、流産率は上昇するという結…

  9. ART

    IVFに用いられる胚培養液が、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことを示した論文

    IVFに用いられる胚培養液は、治療結果と新生児の出生体重に影響を及ぼすことが明らかになりました。influence of embryo culture …

  10. ART

    子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いということを示した論文…

    子宮内膜症の手術を受けARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率は高く78%という結果が得られ、自然妊娠は54%を占めました。2回目の自然妊娠の予測…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

    1. ライフスタイル

      女性生殖器と金属の関係における考察の必要性について投げかけた論文
    2. ART

      男性の内科的合併症とIVFの臨床結果には相関があることを示した論文
    3. ART

      子宮内膜症の術後にARTで一児を得た不妊患者において、2回目の生児出産率が高いと…
    4. ART

      35歳以上の女性において、乳製品摂取量がARTでの生児出産率に影響するという論文…
    5. 代理出産

      フィンランドで2007年に代理出産を禁止する法律が制定されたことによる影響につい…
    PAGE TOP