過去の記事一覧

  1. ART

    予測モデルによって、TESEによる精子回収の可能性を高い精度で識別できることを示した論文

    TESEによって精子回収の可能性が高い患者と低い患者を、6つの変数を用いた予測モデルによって高い精度で識別できるという結果が得られました。Predic…

  2. 着床障害

    反復着床障害の患者における血中の代謝産物のレベルについて検討した論文

    反復着床障害の患者においては、反復着床成功例の患者と比較し血中のvaline、adipic、acid、L-lysine、creatine、ornithine、g…

  3. 不妊リスク

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について④

    POIと診断された女性における泌尿生殖系の問題に対しどのような治療法があるか泌尿生殖系の症状が認められた場合には、エストロゲンの局所療法が有効である。POI…

  4. 不妊治療

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について③

    妊孕性に関わるPOIの問題点は何かPOIと診断された女性には、自然妊娠の可能性は極めて少ないことを話しておく必要がある。また、POIの女性が妊娠を回避したい…

  5. 不妊治療

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について②

    <中心的な質問と勧告>本疾患を何と呼ぶのか1942年に初めて原発性卵巣不全(primary ovarian insufficiency)について報告され…

  6. 不妊治療

    ESHREガイドラインにおけるPOIの診断と治療について①

    ESHREガイドライン作成グループは、POIの診断と治療に関する31の中心的疑問に答えるために99の勧告を作成した。ESHRE Guideline:ma…

  7. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文②

    ミトコンドリアからのエネルギーの供給が染色体分離と細胞分裂に重要な影響をもたらすと考えられるBob CasperとCarlos Simonはミトコンドリアか…

  8. ART

    なぜ、正倍数性の胚盤胞を移植しても継続妊娠に至らないのか考察した論文①

    卵子や胚を取り巻く環境には、加齢やライフスタイル、心理的ストレス、栄養素の補充、細胞のエネルギーレベル、内分泌やパラクリンにかかわる因子、外因性ゴナドトロピン、…

  9. ART

    胚の着床には子宮内膜と胚の同調が必要であることを示した論文

    生存能力の高い胚であっても受容能のない子宮内膜に移植された場合には不成功に終わる。着床期ウィンドウにおいて子宮内膜が受容能を獲得し、胚の接着と妊娠成立が促される…

  10. ART

    ESHREから発表されたIVFガイドラインの詳細について

    IVFのラボにおける管理と専門的操作の質を向上させるための13のセクションからなるガイドラインがESHREから発表されました。このガイドラインはヨーロッパ各国を…

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

まだありません

最近のコメント

  1. 検査・診断

    血中DHEASは着床の成功と着床の不成功/早期流産の早期の予測因子になることを示…
  2. 不妊リスク

    ガン罹患後の不妊リスクについて
  3. セックスレス

    性交痛と抑うつ症状が子宮内膜症を有する女性の性機能障害と相関することを示した論文…
  4. ART

    クロミフェンはIUIにおいて、最も費用対効果の優れたレジメンであることが確認され…
  5. ART

    子宮内膜症の女性のための異なるIVFプロトコルの効果:系統的レビュー
PAGE TOP