ART

刺激と培養によるエピジェネティックな変化について

Epigenetic changes by stimulation and culture

ARTにおいては培養環境や培養液の組成などがDNAの発現にエピジェネティクが関わる変化を引き起こし、それが胎盤や児の表現型に影響を与えるのではないかと考えられている。

ARTに伴う児の遺伝子の発現に関し理解が深まればそれに対する対応法も開発されそれよって出生児の長期的な健康状態の改善も図られるのではないかと思われる。

エピジェネティクに伴う変化は遺伝子型の変化を伴うことなく細胞や器官の表現型に変化をもたらすことである。すなわち遺伝子の発現の変化によるものである。調節遺伝子の発現の1つのメカニズムはメチル基がシトシンに結合することによって発現する。

また、ヒストンのメチル化やアセチル化によっても変化が起こる。DNAやクロマチンのこのような化学的な修飾は遺伝子の発現の尤度に変化を与えることになる。

ARTにおいて胚の表現型に変化が起こり、その結果、胎盤や児が形成され出産に至る。排卵誘発やIVF、胚培養、凍結保存などは胎盤や遺伝子の発現のプロフィールに変化をもたらす。一般に変化の背景にあるメカニズムはよくわかっていない。

しかし、エピジェネシスが関わる遺伝子の発現の修飾によっていろいろな表現型が引き起こされるものと考えられている。妊娠早期の母親における栄養状態なども児の健康に影響を与える。

IVFにおいては培養液の違いが遺伝子の発現のプロフィールに変化を引き起こし、その結果、出生体重にも差異をもたらすものと考えられている。

また、インキュベーター内の酸素濃度はヒトの胚における遺伝子の発現に影響をもたらすが、市販されている培養液はその組成に大きな違いがあり、胚が培養液の組成の違いに反応しエピジェネティクに関わる変化を引き起こすと考えられている。

しかし、IVFや胚培養におけるエピジェネシスが ARTで出産した児の長期にわたる健康状態にどのような影響を与えるかということに関してもわかっていない。もし何らかの介入法が確立されれば長期的な健康状態に及ぼす影響も改善できるのではないかと思われる。

A. Sunde1.

1Professor emeritus, Department of Clinical and Molecular Medicine- Faculty of Medicine- Norwegian University of Science and

Technology. Trondheim- Norway., Trondheim, Norway.

関連記事

  1. ART

    2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った場合における受胎時の胎児数についての論文

    2個以上の胚を移植するも単胎分娩に至った例において周産期の臨床結果にネ…

  2. ART

    トリガーの日における血中プロゲステロンレベルによる継続妊娠率の変化について

    トリガーの日における血中プロゲステロンレベルが 1.14ng/mL超の…

  3. ART

    大規模な医療センターにおいて行われた経腟採卵に伴う合併症について調査

    採卵に伴う合併症と有意な相関を示す因子は女性の年齢、BMI、採卵数、採…

  4. ART

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、妊娠期間中から産褥期に渡って不安レベルの上昇が認められた…

    不妊治療で妊娠に至った単胎妊娠の親において、周産期に不安のレベルの上昇…

  5. ART

    形態による胚選択を伴う非ドナー卵体外受精の使用は、40〜43歳の患者にとって効率的

    40~ 43歳の高齢女性においては自己の卵子を用い形態的に胚の選択をし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:



FeedlyでRSS購読をする:



>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

最近の記事

記事ランキング

アーカイブ

最近チェックした記事

    最近のコメント

      1. 妊娠の科学

        男性の加齢が雄性の胚細胞にどのような影響を及ぼすか?
      2. ART

        不妊治療で授かった子の出産転帰不良の多さは不妊治療以外の要因に主に起因 (LAN…
      3. 着床障害

        反復着床障害の患者における血中の代謝産物のレベルについて検討した論文
      4. 不妊治療

        WHOタイプIIの無排卵およびCC障害のある女性におけるクエン酸クロミフェンまた…
      5. 男性不妊

        男性因子不妊症における酸化還元電位の予測可能性を精液分析と組み合わせて評価する:…
      PAGE TOP